商標登録完了までの道程。

なかなか、ご報告できませんでしたが、当店のロゴの商標登録手続きを完了しました。 いや〜長かった。 ▪️「出願」してから、それがOKかどうかの返答が来るのに「概ね半年」かかると聞いていましたが、私の場合は7ヶ月。 で、待ちに待った7ヶ月後の返事が「拒絶」だったので、どんよりしてしまいました。😆 しかし・・・いきなり「拒絶」って・・・。言葉が強過ぎやしませんかね?民間企業なら、「こんな言葉使いは許されませんや、旦那!」って感じです。気の小さい人が見たら、諦めてしまいそうです。 私は粗忽者なので、出願の際に「住所の番地表記の一部分が抜けていた」のに気がつかないでいました。数日後、まだ分類するための番号を割り振られていない段階で、訂正の手続きをしました。だから余計に時間がかかったかもしれません。 「拒絶」の理由を確認すると、商標とするデザインが❌なのではなく「役務の表現が大雑把なのでこの様に補正しなさい!」と言うものでした。私が申請した役務は43類と44類。言葉足らずの「何を」「どこで」「どこまでの範囲を」「どの様なサービスを」提供するのか?明確にしてね!ということ。例えば「飲食の提供」→「飲食物の提供」に!と言った具合。 この「拒絶」が発送された日から一ヶ月以内に「補正書」もしくは「意見書」を作成&提出しないと、出願自体が❌になってしまいます。私の場合は、「補正書」でOKでしたから、同封されていた作成例を見ながら「補正書」を作成しました。 ▪️申請した指定役務の権利範囲を「補正」するだけでは新たに料金はかからないのですが、作成例ではそれがわからないのです。「追加料金」はありませんと

「お洒落」と「苦行」のその後

先日、お洒落と苦行の問題について語ったわけですが、 実際に私の周りでVIOの話題を詳細に語れる者がいるのか?と思っておりましたら、本日思いがけず、深く事情を知る者が身近に居たことが明らかに。 ・・・と、いうことで、お洒落と苦行 のみで語っておりましたが、「介護」問題にも波及するという事実を、続編としてご報告しようと思います。 私の髪をずうーっと担当してくれている美容師さんのサロンで、何気なく先日のVIO問題を語っておりましたら、彼女がなんと経験者だったのです。詳しく教えてもらいました。 「ビキニラインというか、前は少し残してありますが、IゾーンとOゾーンについては処理済みです。前の方はですね〜温泉とかに行くとやっぱりちょっと違和感ありますから、ハイレグ水着も大丈夫なくらいに残してあります。」 「あ、そうかぁ。サーフィンしてたし水着の機会も多かったからだね? ブラジリアンワックスで?ワックス脱毛って痛いよ?下手な人に当たったら。 しかも粘膜の近くなんて、痛さも半端じゃないと思うなあ。腫れたりして。」 「美容外科のレーザー脱毛ですよ。でもね、美容外科のレーザー脱毛も相当痛いんですよ。 もうね、例えると、唇に黒い毛が生えているのを手で引っ張って抜くっていう感じの痛さなんです。粘膜ですからね。郊外には、やってるところがないので都心で。 一本一本抜くんですけど、根元を指で押さえてもらうと少し痛みが和らぐんです。最初は羞恥心もあるから「いやん!」とか思ってましたけど、そうしてもらわないと、本当に辛いんです。「指で押さえてくれてありがとう!」って感謝。羞恥心は飛びますね。 Oゾーンはかなり恥

[花]と[華]

いつも少し、ソメイヨシノよりも後に咲く枝垂桜。この枝垂桜は、ゆるゆるとした曲線の枝ぶりと濃いめの花の色のせいなのか、なんとも色っぽい。 桜の季節のお天気は、毎年のことなのだけれど満開の頃に雨に当たることが多くて、青空をバックのベストショットが撮れずに苦労します。これは、満開になる少し前に撮ったもの。 枝垂桜の後ろに二つの白い雲が浮かんでいます。名所の桜ではなくて、散歩する時に通る道沿いのお宅の庭の木です。 よそのお宅の庭の桜が、幸せな気分をおすそ分けしてくれる・・・なんて素敵な季節でしょう。眼福、眼福!! こちらは、近くの大学の枝垂桜です。枝垂桜も色々あって、薄い花色の枝垂桜は清楚なのにゴージャスな感じ。 付け下げや訪問着の柄のように、花が雪崩れています。花の後ろに笹竹の緑が効いています。天気に恵まれずに光量が足りなくて、大人しい写真になってしまいました。残念です。構図は悪くなかったと思いますが・・・。 花粉症に悩まされる季節でもあるのですが、美しいものの力は大きい。老若男女が花を求めて足を運ぶ。そのエネルギーは強大です。 美しい女性に例えられることの多い「花」ですが、美しさに男女の区別はありません。例えば、フィギュアスケートの羽生結弦さんの応援のためにフィンランドまで馳せ参じた女性ファンを見ると、彼は彼女たちにとっての「花」なのだなあと、つくづく思います。 羽生さんが「美少年」だとすると、引退されましたが 同じフィギュアスケートの高橋大輔さんは「美青年」。美しかった。華がありましたね。 つい最近まではフィギュアスケートといえば女子で、男子の方はTVで放送されることは稀でしたよ

「お洒落」と「苦行」?

最近、「ブラジリアンワックス」の話題に個人的に何回か遭遇?することがありました。 脱毛については、昔から女性の間では「脇」の処理方法の情報交換は多かったのですけれど・・・。 今回、話題になったのは、「脇」ではないんですよね。そう、アンダーヘアの問題です。 一つは、友人の海外旅行の土産話から。南の国にバカンスに出かけた時に、同行した彼女と同じ妙齢😀の女性が「ものすごく露出度の高い水着」を現地で選んで購入したので、「大丈夫なの?」と聞いたら「ブラジリアンワックスでツルツルだから、何の問題もないのよ!」と言ったという・・・。 壇蜜さんと同じく、全く「無し」の状態だと言います。(あ、確認したかどうかは聞いていませんが😅) 水着や透け感のあるお洒落な下着をつける時には、邪魔ではあるし、処理したいですよね。 もう一つ、私の年下の友人からの話題。欧米人の恋人を持つ女性が知人にいるのだけれど、その知人が恋人に「アンダーヘアをお手入れすべきだ」と言われたという話。 現在、欧米では男性のスポーツ選手がアンダーヘアを「ブラジリアンワックス」で処理するのが、もう当たり前になっているそうなので、日本人の、しかも女性が「ナチュラル」な状態であることにびっくりしてしまう様だとか。 アンダーヘアではありませんが、体操の内村航平選手の脇の下について、他国の選手が「おお〜っ!ナチュラル!」と感嘆する?シーンがテレビで放送された記憶がありますし(体操選手は、男性も脇を処理するの?)、海外で活躍しているサッカー日本代表選手が、自分もチームメイトにならって、アンダーヘアを「ブラジリアンワックス」でツルツルにしたと言

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon