部活の夏の思い出。

テニス部でした。 真っ黒に焼けて、白目がギロギロしてましたね。 半袖とソックスの跡が白く残って。 氷屋さんに大きなやかんを持って氷を買いに行ったりしたなあ。 試合の時には、お弁当の他に持って行ったレモンの砂糖漬けとか、はちみつ漬け。 真っ青な空と入道雲。ひまわりの花。 朝練を終えての授業や、毎日授業を終えてから夜8時くらいまでの練習。 夏休みの期間中は、練習が朝8時から夕方、陽が暮れるまでだったでしょうか。 スポ根でしたね〜。 体力あったな〜とシミジミ思います。 当時の県大会は夏で、一日で決勝までやるんですよ。 地区大会が春なので。(地区大会も一日で決勝までやります。) 勝ち残って決勝までの試合が終わると、試合前より3kgくらい体重が落ちる。 下手すると脱水症状で、立てなくなる。(所さん〜!!脱水してます!!) 一年生の時には入部希望者が100名近くいたのに、夏休み終了時には20名を切っていました。 8月中は球拾いと素振りと基礎(ダッシュとか、3km走とか)で一日終わっちゃいます。 イメージしているのと違うから、新入生はつまらないですよね。練習キツイし。 コートに入る時に一礼して、コートを去る時も一礼。 先輩、後輩は絶対的な上下関係でしたし。 練習がキツ過ぎて(でも、私にはすごく面白くて)、家に帰るとよく食べて、思いっきり眠りました。 しごきとか、そんな風に感じることはありませんでしたけど、理不尽なことはありましたね。 「買い食い」がバレて、部室の前に1週間正座っていうの、やらされたことがあります。 授業の後の、練習時間いっぱい。だから・・・3〜4時間ですかね。 「買い食い」禁

岩下のピンクジンジャーエール。

以前からちょっと・・・いや、かなり気になっていた、この商品。 悩んだ挙句に、先日注文しまして・・・。 ついに我が家にやって参りました。 あの、生姜の漬物「岩下の新生姜」で有名な岩下食品株式会社が、その漬け汁を使って作ったジンジャーエール。 ピンク色が、とってもキュート。 同じピンクでも色が違ったら、こんなにピンと来ません。 この絶妙な色合い。乙女心?(笑)にキュンキュン来ました。 材料は生姜なんだし、ジンジャーエールに結びつくのは自然といえば自然なのですが、漬物会社さんなんですよ!? ちょっと意表を突かれました。 夏のイメージの青いソーダ水と並ぶ、フォトジェニックな一品です。 で、お味ですが、甘すぎずさっぱり。そして、正直な生姜の味がする。 夏には勿論、暖房の効いた部屋で冬に飲んでも、こりゃ素敵!って感じです。 生姜は体を温めてくれる効果がありますからね。 Amazonさんでは、今の所は取り扱っていません。 岩下食品株式会社のネット通販で購入できます。 岩下のピンクジンジャーエールで検索するのが早いかも。 1本250円(300ml)です。 大手の会社の炭酸飲料に比べたら高いけど、このルックスと優しい美味しさ、生姜のスペシャリストである会社さんの商品。 付加価値で納得です。 当店で、ぜひ取り扱いたい!! 原価が高め(だと思う)なので、喫茶メニューとしては、料金もちょいと上がってしまいますが、ペリエの小瓶といい勝負。 岩下食品様!!開店の暁には、ぜひ、当店とお取引いただけないでしょうか?

ワコールさん!報告します!

着物が好きです。 「黒川の手帳」の武井咲さんの着物姿、素敵ですね。 ところが、あんなに華奢なはずの彼女を横から映すと、かなりの厚みです。 着崩れないために、相当、補正をされたんだと思います。・・・ちょっと残念。 私は、楽に着物を着たいと思っているので特別補正もしませんし、もっぱら「嘘つき」と言われる二部式長襦袢を使用しています。 長襦袢と肌着をそれで代用しています。 筒袖タイプです。なにせ、サイズが合わずに「着物から襦袢の袖がはみ出す」心配がない。 半襟がファスナーで着脱できるものを選ぶと、半襟をつける手間もないし。 楽チンです。 衣装としての着物じゃなくて、気軽に普段、着物を着たいと思ったらこんな風になりました。 補正をすると、着崩れはしにくいのですが、とにかく太って見えるんです。 それに夏は、それだけ補正のためにあれやこれや身につけてしまうと、暑くてたまりません。 少しでも、華奢に見せたいし、涼しく着たいです。 そのためには、着物(長着)の下を見直さないと。 特に問題なのが下着。これが今回のお題。 和装用ブラ・・・。あるにはあります。 でもね・・・一部を除いて、全然オシャレじゃない。可愛くない。 着付け教室で教わるやり方は、胸そのものを潰して平らにしているのに、補正のために鎖骨のすぐ下や胸の谷間なんかに、ガーゼやパットやコットン、タオルを足したりするんです。 納得いかないなぁ。 着物用ブラは色もベージュと白しかないし、そもそもお揃いのショーツがないんです。 着物が元々、ショーツをはかないって言うか、腰巻だったと言うこともあるのですが。 今だったら、やっぱりブラとショーツのお

美少女の一言。

Kちゃんは、私がよく行く飲食店の常連さんのお嬢さんで、三姉妹の長女です。 小学生の彼女は、手足も長くて目をみはるくらいの美少女。 とっても利発なお子さんです。 そして、虫愛づる姫君。去年の夏、カブトムシに夢中でした。 大人になったら、理系の研究室とかで働いちゃったりするんじゃないかな?と、何となく周りから思われるような。 漫画もよく読むらしい。 ドラゴンボールもONE PIECEについても、20歳年上の常連のお兄さんともお話が弾むくらい。 とにかく、その年にして、知識量が半端ではない。 雑学も好きな様子。 下手な大人より、物知りでしょうね。 美少女なんだけど、だからこそ?「可愛い女の子」と言われるのが、大嫌い。 故に?、夏には浴衣じゃなくて、甚平さんを着こなします。 勿論、子供向けのサイズなのですが、彼女のチョイスはキャラクターが描かれたものやPOPな柄ではなく、渋めの色で柄もほとんどない。 それがまた、日本人形のような髪型と、長くて細い手足によく似合う。 ちょっとボーイッシュな姿が余計に、可愛く見えるのです。 そんな彼女と、当然、私も顔見知り。 彼女自身とは、沢山は話していないのだけれど、彼女のお父さんとはよく話します。 お父さんは彼女の塾の帰りを、夕方、ノンアルコールビールとおつまみを楽しみながら、お店で待っているのでした。 さてさて。ある日の夕方。 お店でノンアルコールビールを楽しんで、「そろそろ帰ろうかな?」と腰を上げました。 丁度、Kちゃんご一家が出口近くの座敷で食事を楽しんでいらっしゃるところでした。 Kちゃんのお父さんと、お母さんにご挨拶をして、ついでに彼女に「K

器と中身。

胎児の、表現体としての性別が決定するのは、心の性別が決まるよりも先だと言います。 つまり、器と中身の関係です。器が先にできる。何が入るかはその後。 ワイングラスにワインが注がれるとは限らない。 居心地の悪い思いをしている人がいることは、何の不思議でもない。 人は見かけによらない・・・。 ちゃんと、そういう言葉があるのに、こと「性別」「男女」については一辺倒な見方になるのは、どうしてなんでしょう? 身体能力と機能も、性格も、どれも全然違うのに。 器と中身のことを考えたら、簡単に分かることですよね? 見た目の性別と心の性別が真逆な人も、身体的に性別の中間地点にいる人もいるのは当たり前。BGLTなんてちっとも珍しくないし、それ以外の人も沢山いるはず。 運動会のヒーローになれない男の子は沢山いるし、人形遊びに興味がなくて、虫取りが大好きな女の子だって沢山いる。 主夫に向く男子もいるし、主婦が無理な女子だって。 闘争と競争が大好きな人、目立ちたい人、全く逆な人だって。 恋愛やSexに興味がない人だって、少なからずいる。 自分自身や他人に押し付けていないかな? 結婚や恋愛を「しなければならないもの」と思っていたり、男はこうあるべきとか、女はこうあるべきだとか。 自分も相手も、苦しめてしまう「性別」の思い込み。 そこから自由になったら、息をするのが楽になると思います。 もっと、自分自身も他人も、認めてあげられたらいいのに。 バイセクシャルの人も、ゲイの人も普通に働いていた職場だったというのもあります。 (それでも当時、カミングアウトしていた彼らの勇気は、すごいと思う。) 知人や友人が「結婚」

「絆」と「結」。

大きな災害があった後に、失われてしまったコミュニテイの大切さ。 「絆」が使われるようになって、数年が経過しました。 確か、五木寛之さんがご著書の中で、「絆という本来の意味を考えると、似付かわしくないと思う」というようなお話をされていたと記憶しています。 「絆」という言葉は、本来は「家畜が逃げ出さないようにつなぐ縄」を指す言葉だといいます。 転じて、「断とうにも断ち切れない人の結びつき」であるとも。 絆される(ほだされる)とは、縛られるといった意味。 しがらみや呪縛や、束縛の意味合いが強い言葉で、あまり良い意味ではなかったはずなのです。 私は田舎育ちなので、地方のコミュニティの良さも悪さも理解していますが、これが結構シンドイのです。 「○○さんちの▲▲ちゃんは、どこの大学に行って、どこの会社に入って、どんな人と結婚した」といった情報を、皆、知っていたりするのです。 「ばあちゃんネットワーク」「母ちゃんネットワーク」はバカに出来ません。 情報収集力が凄いんですから!! 人との距離の取り方が近いので、踏み込まれたくない人にとっては居心地が良くないかもしれません。近すぎて、息がつまりそうになることもあります。 身動きができないと感じることもあります。 バランスを欠いた時には、まさにしがらみという意味の「絆」になってしまうのです。 それが嫌で、田舎に帰りたく無い人もいます。 それを差し引いても、田舎に戻りたいと考える人もいる。 煩わしい部分もある代わりに、子供が泣いていたりすれば声をかけたり、一人でぼんやりしていたら家まで送り届けてくれたり、駄々をこねていたら、親の代わりに叱ったりなだめ

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon