June 11, 2019

  泰山木の花を、通りすがりのお宅で見かけました。

自転車を走らせていましたら、遠くから見える白い花。

凄く背が高い木です。

近寄って観察。

一番近い距離で見ることができたお花でも、見上げる感じです。

良い香りがするはず(嗅いだことが無いので)なのですが、遠すぎました。

どんな香りだったのでしょうか?

確認できなくて、残念!!

直径が20cm以上ありそうです。

同じように初夏に咲く大きな花で、形状が似た「朴の木」の花がありますが、葉っぱが違います。

見かけることが少ない花なので、ときめきました。

 下の写真は山椒の実です。

実家の庭には揚羽蝶が沢山やってく...

October 19, 2018

 毎年の様に、ある日、いきなり漂ってくる金木犀の香り。

10月になったばかりの土曜日に「熟した黄桃の様な果実風の香り」を感じたばかりでした。

金木犀は、本格的な秋の訪れの連絡係を、毎年 律儀に担当しています。

 1週間ほど楽しめるはずだったのに、今年は大風24号の猛烈な風に小さな花が吹き飛ばされて「台風一過の洗い晒しの青空」に、その香りはありませんでした。

 先日、実家に帰省した際、銀木犀の花が咲いているのに気付きました。

白い花です。

実家には、金木犀の木はありません。なぜか銀木犀だけ。

 金木犀の香りより、控えめでややパウダリーな香り。花の咲...

February 26, 2018

 冬の今、スーパーで並ぶ柑橘類。

そもそも、多くの柑橘類の旬は晩秋&冬〜春なんだそうです。ご存知でした?

そして、「夏みかん」の収穫時期は、今くらいなんだそうです。

名前とのギャップを感じる人が、多いんじゃないでしょうか?

じゃあ、なんで、「夏みかん」と言うのか??

グレープフルーツの香りは、思いっきり夏のイメージです。

カルフォルニアオレンジ、シチリアレモン・・・太陽輝く季節と国を思い描くじゃありませんんか!?

「夏みかん」と言う名前は、同じように輝く夏を連想させます。それなのに?

ウィキペディアによると、夏みかんは『晩秋に色付くが、春先までは酸...

January 25, 2018

  近所のお寺の梅林の手前の、早咲きの梅。

古い樹なんでしょう。枝ぶりが複雑です。・・・そして絵になる。

曲線が優雅で、八重咲きの梅で、ひときわ芳しい香りです。

で、この梅が咲くと、一気に春が近くなったと感じるわけなのですが、時期が時期なだけに、開花間も無く、雪に降られてしまうことが多い。

「あ〜あ・・・。暖かくなったと思って咲いたのに、騙されちゃったね?」と、その度に思います。

今年は、48年ぶりの寒波襲来とのことで、先日、たっぷり雪に覆われておりました。

この写真は、雪が降る2日前くらいのものです。

東北や長野で、雪の重みでリンゴの樹の枝が折...

January 17, 2018

 会社員生活を終了してから、スクールで知り合った新しいお友達。

そのお友達からいただいた「エール」が、この花束です。

集った受講生の皆さんがとても素敵な人たちばかりで、リラックスして講義を楽しむことができました。

授業が終了する時に、連絡先を交換して別れたのですが、その中の一人に「プライベートサロンをオープンすることになるかも・・・」と話したたら、「その時はぜひ、連絡してね〜!!オープンしたら、行ってみたいなぁ!」と言われていました。

で、「年末だけどオープンするよ〜!」と12月のオープン日をメールしました。

そしたら何と、お花のギフト券をオ...

January 7, 2018

 「春」は、なんだか華やいで、そしてウキウキする気分を運んでくる言葉です。

正月休みの頃は、実際には冬至から1〜2週間しか経っていない「冬真っ盛り」なのですが、「新春」な訳です。

これから一番寒さの厳しい2月が、すぐそこなのに。

関東のお正月は天気が良いことが多いし、年賀状に踊る「春」という言霊の力もあって、春が近いと感じます。マジックですよね?

さて、その春を感じる香りで、皆さんは何を思い浮かべますか?

花の姿と連動させれば、水仙、梅、沈丁花・・・そんなところでしょうか?

どれも香りが主張してくるお花ですが、沈丁花が香ると「ああ、本当に春だな...