August 2, 2019

  高校時代に通学の途中、横切っていた神社の境内。

午前中に訪れるのは、その時以来です。

神社は整備されたり建物が増築されたりしてました。

久しぶりに朝の散歩と称して神社の境内を歩いて見たら、思いもかけずに蓮の花を楽しむことが出来ました。

 蓮の花は午前中にしか楽しめないとか。

花が開くときに「ポン!」と音がするとかしないとか?

そんな音を聞くほど、朝早い時間に蓮池を訪れたことはありませんが、もし、本当なら聞いてみたい気がします。

 沢山のピンクの蓮のつぼみや花が開いている様は、その上を天女が浮かんでいる図を連想させます。

朝靄の中、蓮の花の上で美...

June 11, 2019

  泰山木の花を、通りすがりのお宅で見かけました。

自転車を走らせていましたら、遠くから見える白い花。

凄く背が高い木です。

近寄って観察。

一番近い距離で見ることができたお花でも、見上げる感じです。

良い香りがするはず(嗅いだことが無いので)なのですが、遠すぎました。

どんな香りだったのでしょうか?

確認できなくて、残念!!

直径が20cm以上ありそうです。

同じように初夏に咲く大きな花で、形状が似た「朴の木」の花がありますが、葉っぱが違います。

見かけることが少ない花なので、ときめきました。

 下の写真は山椒の実です。

実家の庭には揚羽蝶が沢山やってく...

March 1, 2019

 花の少ない季節がやっと終わりを告げますね!

今回は、「乙女的なロマン」と「科学的ロマン」が溢れるお花の話題を少し。 

 松田聖子が歌った大ヒット曲。

「赤いスイートピー」

この曲が発表された時、「真っ赤なスイートピー」は無かったそうですが、赤い色素を持ったスイートピーは、存在していたそうです。

あるはずのない花が曲をきっかけに誕生した・・・という説は、ちょっと違ったみたいです。

(実は、まっ黄色のスイートピーこそが、存在しないそう。)

ロマンチックな話ではありますけれどね。

もっと、しっかり赤い花になるように、業界は素早く品種改良に取り掛かったの...

October 7, 2017

 地元の信頼できる花屋さん。

そんなにとびきりオシャレでもないのですけれど。

イトーヨーカドーの中と、近くの路面店の2店舗を運営されているのですが、ここのお花屋さんのお花の質がとってもいいんです。

それにお値段もリーズナブル。

鉢物も(ドラセナ・コンシンネとかの大物でも)買いやすい値段ですし。

最近、ユーカリの枝を購入することが数回続いたのですが(私の中ではちょっとしたブーム?)、どれも枝が大きくて、しっかりしてます。

有名なオシャレお花屋チェーンで買おうものなら、か細い一枝で800円以上するのに、その4〜5倍の枝ぶりでで300円以下のお値段。

...

September 29, 2017

 別名、爆蘭(はぜらん)、又は花火草(はなびくさ)とも言うそうな。

他にも名前があって、星の雫とか三時の貴公子。

私は、花の形にも合っているし、「星の雫」という名が好きだなぁ・・・。

皆さんは、どれがしっくり来ますか?

熱帯アメリカ原産で、明治の始めに日本にやってきたそうです。

しっかり帰化して物凄い繁殖力だとのことですが、私の田舎では見かけないので、主に関東が勢力圏なのでしょうか?

初めて見た時は、小さな花が沢山咲く様子が「ピンクのかすみ草」のようだと感じました。

まあるいピンクペッパーのような、実なのか蕾?が可愛らしい。

爆蘭というネーミングは...

July 3, 2017

 先日、実家に帰省した際に思いついて、月桂樹の枝と杉の新しい枝を何本か切って持ち帰りました。

夏用のスワッグを作ろうと思ったのです。

去年の暮れに作ったスワッグが、自分でもいい出来だったなあと思いましたし、

ピンタレストに載せてくださった方がいらしたので、自信になりました。

それで、今度は夏の時期に似合うものができないかな?と。

瑞々しい感じが続く葉っぱを選ぼうと思いました。

テーマカラーは、枝の緑と花の青。

月桂樹も杉の葉も、とても清々しい香りがします。

青い花ということで、紫陽花も一緒に束ねようかと考えたのですが、ドライになっていく紫陽花は切な...