”持てる者”のズレ。


 お金や権力のある人・・・”持てる者”・・・になればなるほど、実はモラルに欠ける傾向が見られるというお話があるそうです。


”持たざる者”・・・つまり貧しい者は、協力しないと生き残れないからルールを守る意識が高まる。

彼らは、泣き言を言わずに自分たちで更に頑張ってしまうのだそうです。

生きる為に。生き残る為に。

そうやって自助をやり尽くしているのに、すがる藁も無い。


そして、持てる者は持たざる者から更に搾取をし続ける、と。


 そう聞くと、成る程ねと思うことがここ最近多い様な・・・。


 トランプ氏の発言や日本の政治家の『会食』のニュースを見て、「どうなってるんだろうか?頭の中は?」って思いませんでしたか?

自分で煽っておきながら、暴力は許さないと・・・どの口が言うのでしょう?

会食を自粛しろと言っているその口で、この時期に会食をする。

躊躇は無かったのでしょうか?


 彼らには、自分が見本にならないといけないという意識が感じられない。

悲しいですね。

国や地方や私たちを代表している人の筈なのに。

育っている環境や取り巻き連が違っていると、こんなにも世間とズレてしまうものでしょうか?


取り巻きはイエスマンだけでしょうね。

気に入らない人は排除してしまったでしょうから。

軌道修正してくれる人材が、どんどん遠ざかっていきます。

・・・そりゃあ、やっぱり、世間とズレてしまうかも。




 ノブレス・オブリージュ(noblesse oblige 仏語=”高貴さは(義務を)強制する”を意味し、財産、権力、社会的地位をキープするには義務が伴うの意)は、絵に描いた餅でしょうか?


わざわざ表明しなければならないほどだった・・・とも言えます。

持てる者が、やりたい放題だった。

名君が少ないことの証明ですね。


特権を持つ人は、特権を持たない人への義務(社会の模範になる様に振る舞う社会的責任がある)で、釣り合いが保たれるというモラル・エコノミー(道徳経済)的な考えは、これからの主流になるはずなのですが。


最近、よく耳にする、持続可能な開発目標(=SDG’s 読み方はエスディージーズ)は、ノブリス・オブリージュ&モラル・エコノミーの考え方が最も必要なんですよね。

「誰一人、取り残さない」ことを目指して、経済を回す考え方だから。


 まずは、公助。

「安心して下さい。セーフティネットは用意してあります。利用してください。」と、困った人が駆けこめる場所や手段を用意できる社会。

そういうビジョンを持つ人を、代表にしたい。

世界一貧乏な大統領として有名だった、ホセ・ムヒカ(ウルグアイ第40代大統領)の様な。

そう簡単には現れないかもしれませんが。



 自分たちを守るために。

自分たちの首を絞めないために。

誰もが幸せな気持ちになれる様に。

選挙に行くのは、そのための手段。

投票を、顔や知名度で選ぶ人気投票にしないこと。

声の大きい人に引きずられずに。


・・・じっくりマニフェスト(選挙公約)をよく読むのは、少々骨が折れることではありますが。


*****

遠くから香ってくる水仙の香りが、春の訪いを感じさせてくれます。

沈丁花や金木犀の香りも、季節の移り変わりをふわりと感じさせてくれる名手ですが。









特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon