top of page

自分の体と語り合うこと。



 豊富な(笑)「知識」はありました。

でも・・・。

実感していない。

若い時に得た知識が「こういうことだったんだ・・・」と実感することしきり。

納得すること大。


 環境が変わった事も大きいと思います。

故郷に戻ったら、スローライフに近づいたから?なのかな。

綺麗になりたいと、若い時に”しゃにむに”頑張っておりましたが。

シンプルな生活を意識すれば、そんなにお金や時間をつぎ込む事もなかったのになぁ(笑)と反省しております。


 ヒールを履くことを辞めたら足の指の関節のマメが消えました。

踵のひび割れもどこへやら・・・ツルツルの踵が現れました。

踵をゴシゴシと、軽石やその他の器具や化粧品を使わずに。

ヒールを履く格好をしなければいけない職種だったとも言えますが。

今なら、ローヒールで柔らかい革のお洒落なパンプスもありますし、選択肢は増えたのではないでしょうか?


 毎日湯船に浸かるようになったら、アザや傷の治る時間が短くなりました。

血行が良くなることで老廃物の回収が進み、傷付いた体の修復の為に必要な酸素や栄養分が隅々にデリバリーされて行くのです。


 眠る2〜3時間前にお風呂に入れば、眠りに入りやすい。

ぐっすり眠れば、クマも出来ないし顔色も明るく肌の調子も体調もいい感じ。

雪国の古い戸建てのバスルームは、シャワーで毎日済ませられるような甘い状況では無いので、追い焚き出来ないお風呂はありえない。

寒すぎて無理。

だから、問答無用に湯船に浸かることになる訳ですが。



 激しい運動をしなくても一日6km(だいたい10,000歩位)を早足で歩けば、適度に疲れて眠くなります。

良質の眠りを確保するにはコレ大事。(スッキリしたスタイルの為の筋肉を維持できますしね)

夜10~11時位には、眠くなってきちゃう。

そのくらいに眠くなると、朝は自然に7時前には目が覚める。

寝室の二面が障子で、朝になると明るくなるのも良いのかもしれません。

遮光性の高いカーテンだと目が覚めないかも。

・・・この辺は、ご近所が近いとか街灯が明るすぎてとか、住宅事情もあるので一概に言えない部分でもありますが。


 食事をする時間と量も。

朝ご飯、少しでもいいから摂りましょう。

お昼ごはんは、しっかり量を摂る。

とは言え、腹八分目を意識して。

お夕飯は軽めで、早めの時間にタンパク質と野菜を。

土井善晴さんの一汁一菜をお手本に、洒落た外食の真似をせずとも。


 ・・・お夕飯を軽めにすると、自然に体がスッキリしてきます。

ダイエットを決心しなくても、2〜3kg位は痩せるのでは?と思います。

便通も改善します。

私は元々便秘にはほぼ無縁ではありますが、もっとイイ感じになりました。



良質な、睡眠、運動、食事。

過度なストレス(ハイヒールで足をいじめるのも含む)を避けること。

大袈裟なものではなんでもなくて。

ミッションを成し遂げるためにツールを揃えて、やる気を鼓舞するような物じゃないんだよ!と。


 若かった当時の私に教えてやりたい事ばかりですワ・・・。



*****

写真は先月咲いていた小さな桜の花です。

10〜4月辺りまで花の季節が長いのですが、一番豪華なのは4月頃。

やっぱり春が一番得意な季節なのでしょうね。




Kommentare


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
bottom of page