月のはなれ

August 21, 2016

 

 2年ほど前のリンネルだったか、大人のおしゃれ手帳だったか・・・扉から何ページ目かにお店を紹介するコーナーがありまして。お店の名前と歴史にくすぐられて、行ってみたいと思って・・・ずいぶん経ってから出かけました。

出かけたのも今から半年以上経ってますけど。( ^-^;)

 

月光荘と言う画材屋さんが(昔は画廊でもありました)が、経営する平日のみの午後2時から営業するCafe&Bar。貸画廊が1階にある古いビルの5階まで階段をトコトコ(途中に励ましのコメントがあったりします)登って、到着するとぽっかり空が広がっています。お天気の良い時はテラス席も素敵です。午後8時頃からは、ほぼ毎日ライブがあるようなので、音楽とアルコールを愛する人は会社の帰りにでもいかがでしょう?酒に飲まれるタイプの人は、帰りの階段が心配ですね(笑)。

 

 

お店の中は、画廊のように作品の展示と販売もしています。ちょっと気になる作品があったのですが、ずいぶん経ったので多分・・・売れちゃったでしょうねぇ。

開店直後の午後2時過ぎに伺ったので、私一人でした。昼間からアルコールも飲めるので、それでもよかったのですが「フレンチトースト」と「珈琲」をいただきました。メニューもセンスが良くて、ちょっと「クラフトエヴィング商會」さんの作品のようです。

 月のはなれは、どちらかというと新橋に近い銀座です。

 

画材の月光荘は、銀座の「うどん木屋」、「椿屋珈琲店」の近くです。スタッフの皆様は、画材や美術を愛してやまないという雰囲気に溢れています。ここにしか無いものが沢山あるので是非、覗いてみてください。オリジナルの素朴なマグカップは、指4本で握れるように斜めに把手が付いています。

 

月光荘の地下でもちょっとした喫茶スペースがあります。

美味しい珈琲を静かに楽しめます。銀座とは思えないエアポケットのような空間です。

 

 

中村紘子さんのお母様(故人)が経営に参加していらしたこともある、月光荘。

月光荘サロンは、著名な方々が通う有名な場所だったようです。「月光荘事件」というドラマチックなお話もありました。驚異のある方はGoogleで検索してみてくださいね。

 

 

 

Please reload

特集記事

商標登録完了までの道程。

April 20, 2017

1/8
Please reload

最新記事

August 3, 2020

May 17, 2020

March 18, 2020

Please reload

アーカイブ