消費者とズレていくアピール

August 25, 2016

 

「泡立て」のデモンストレーションをやっているメーカーさんが複数ありますよね?

このように丁寧に泡立てます」って、化粧品を手で泡立てる方法を説明する美容部員さん。

メーカーの美容部員さんは会社から「商品」のアピール方法を教えられて、そのままお客様にお伝えしています。

 

で・す・が・・・時短メイクなどに飛びつくような「一般のお客様」には「ゆっくり泡立てしている時間」はありません。

クレンジングで 化粧を落とす夜はともかく、朝の洗顔にそんな暇あるか〜!!

しかも、手に油分など余分なものが付着してたり不器用だったりしたら、同じように泡立つことはありません。私自身、会社員時代にプレゼンテーションを受けてトライしたことがありますが、上手に泡が立たなかったです。器用な方なんですよ〜!?自分で言うのもなんですが。

化粧品フリークでもなければ、そんな泡立てを続けられないですよねぇ。

 

その商品、泡立てスポンジやネットを使用したって、「質の良い泡がたっぷりできる」はず。

アピールすべきは「泡の立て方」ではなく「泡の質の良さや感触」「化粧品」だと思うのです。余計な時間がかかる高度なテクニックを、お客様に強要しなくてもいいと思いませんか?

 

スキンケアの入門編の「洗顔」を難しくしてしまっては、お客様の購入も遠のきます。

 

商品の何をお伝えするのが良いのか? スタッフの皆さんは「自分がお客様だったら響くのはどこ?」か?もう一度考えてみてはいかがでしょう。

 

 

 

Please reload

特集記事

商標登録完了までの道程。

April 20, 2017

1/8
Please reload

最新記事

August 3, 2020

May 17, 2020

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon