桜の季節の後に・・・。


 皆さん、コートを何枚お持ちでしょうか?私は結構、コート好きなのです。

ですからスプリングコートを数枚持っているのですが、よくよく考えてみると出番が少ないというか、活躍期間がとっても短いなあと思います。

秋冬のコートに比べて、なんというか・・・ジャケットにしようかと悩んだり。

ライバル?が多いので、登場回数が圧倒的に少なくなってしまうんですよね。

だから「スプリングコート自体が必要ないのでは?」とも思ってしまう。

麻のコートも綿のコートも、綺麗な色のコートもオシャレ感を格段にアップするアイテム。で、結果、複数枚になってしまったのですが、登場回数と活躍期間?を考えると、レギュラーメンバーではなく、限りなくジョーカー的アイテムだったなと思う訳です。

桜の季節が終わると、足早にゴールデンウィークがやってきて、どんどん気温が初夏に向けてアクセルを踏むもんだから、「早く夏物出さなくちゃ!」ってバタバタする。

私の数枚のスプリングコートの内、何枚かは今春の登板が確実に無さそうです。

 お天気が安定し始めたので、2月がピークの「軽い冬季鬱病的な状況」から抜け出て、ようやくエンジンがかかってきました。やっと、積極的に動き出せるようになれたので、洋服・バッグ・靴・書籍の「緩い断捨離」を再開しようと思います。(寒い時期はワタクシ、半分冬眠してるような感じでホントに「ダメな人」なんですよね。全然、活動的じゃない)

積極的に動けるようになったとはいえ、ファッションについての断捨離は、かなり時間が必要だと感じています。過去に2回ほどの大規模な断捨離を敢行しているにも関わらず・・・。

スプリングコート一つとっても場所を取るので、全体量を「レギュラーメンバー+サブメンバー」くらいに抑えたいと思って少しずつ選別しているのですが、「ずーっとベンチ外」のメンバーの多いこと。しかも「似たようなタイプ」ばかり。う〜ん・・・。

(20代の頃からの仕事のストレス解消だった買い物が、生活の場を圧迫しているんです😭)

それから「パーティ要員」。ちょっと、凝ったデザインや素材の良いもので「これは、普段じゃなくて、特別。きちんとしたところに出掛ける時や、着飾る時用!」ってやつです。

こいつの弱点は、インパクトが強めだから「同じものを何回も着てる」風になりがちで、着回しにくいってこと。

一般的にはドラマチックな色や形、格調高い?ものが多いので、普段使いが難しい。

(余談ですが、ファストファッション系の「キラキラが多めパーティ要員」は、流行色が強すぎるのと、素材や品質上 長くは持たないので、その年に着倒すくらいのヘビーローテーションをおすすめします。いい意味で?安っぽいから、普段使いに馴染みます!!)

幸い、私の「パーティ要員」は、色も抑えめで、キラキラ感がないシンプルなものが多かったのです。なので、日常にもビジネスシーンにも落とし込みやすい。ちょっとラッキーかな?

大人☺️は服の素材がチープだと、見た目損することが多いですからね。

若い人は、チープな服を着ていたって、本人の生命力が強くて輝いているから「疲れた」感じに見えないですもん。

さて「似たタイプ」の選別は、単純に一番序列の高いやつ(ブランド品&素材の良いもの)を選べば良いと思いがちです。ですが、ブランド品にも流行があって、ベーシックなものは実はそれほど多くありません。丈やカッティング、素材や組み合わせで全く違う表情になります。ですから、「ブランド基準の選別」などのありがちな失敗をしないために、ある程度「スタイル」を設定する必要が出てきます。

 と・こ・ろ・が・・・。私は、ドレッシーなものもユニセックスなものも、アーバンスタイルと言われるものも大好きなのです。「貴方らしい」と言われる着方はしているのですが、世間で言われている分類の「スタイル」は持っていないのです。

好きなものと似合うものは知っている。

では、どうやって断捨離を進めたらいいんでしょう?

「花柄」「水玉」「大きな柄」や「強めの色」「かちっとしたもの」「ワイルド」「アメリカンカジュアル」「アーミーテイスト」が似合わないのはわかっています。なので、それらは最初から、在庫薄。(時に血迷って購入したそれらは、先日処分しました。必要な人に巡り合ってくれたらいいなあと思います)

素材は柔らかめの自然素材の綿、麻、それからテンセルなどが中心です。

ゆるっとした「アジア系」「ラテン系」「フレンチカジュアル」「リゾート系」「ロング丈」「ユニセックス(&ボーイッシュ?)」ラインの品揃え?☺️が、俄然多くなります。

スーツやジャケットも、どちらかといえば柔らかめな素材とシルエット。

性格的にも好戦的ではないし、見た目も「できる!切れる!油断できない!」とも思われないので、「一緒に仕事がしたいなあ」と感じてもらえたらというスタンスです。

スタイルの選択が好みと一致していて良かったと思います。

最終的に効率的な断捨離するためには、自分自身の骨格や顔立ち、望むイメージもありますが「自分がバランスよく綺麗に見える」アイテムを選び取ることが一番大切ですよね。

(「好き」と「似合う」は違うことが往々にしてあるので、これもまた難しいところです)

お会いする人に好印象を持ってもらう「見た目」は、軽視できません。

人間関係にもお仕事にも良い影響が必ずあります。

「見た目」は勿論、トータル的なものですから、髪の毛や肌や、姿勢や、生命力とか色々なものが含まれるのですけれど。

ファッションは、見た目を支えてくれる重要なサポートアイテムの一つなのです。

「見掛け倒し」にならないためには「中身の充実」への努力が、必要不可欠ですけれどね。ふ〜っ・・・大変だ。

 と、言うことで「分類」のための「スタイル」ではなくて、似合うものの中から好きなものをより極めて「私スタイル」に沿った断捨離をしていこうかと。

選別はなかなか難しいのですが、季節ごとに「一番活躍する選手」と「ユーテリティな選手」を組み合わせる「監督としての采配」が、断捨離には必要かな・・・。

Jリーグのチームの特徴を象徴する戦略や戦術のような・・・。

超攻撃的か?堅守速攻か?・・・。チームのスタイルや監督が違えば、戦術も選ぶ選手も異なります。

断捨離は、選手の移籍と同じように考えれば、処分(リサイクル店への放出)も積極的に考えられます。大切にしてきた洋服やファッショングッズの中の「戦力外選手」を気持ちよく送り出したいと思います。こちらでは「ベンチ外」だったけど、移籍先では「レギュラーの座」を獲得できるかもしれないから。

それから「パーティ要員」についてですが、この際、思いきっり戦力として働いて貰おうかと。20代の頃と比べて圧倒的に、自分本体の「力」が弱まっていますから、服に力を分けて貰った方がいい。「毎日」にどんどん登場させようと思っています。

それに「特別」な場面は思っているほど多くないし、機会も減る一方です。

インパクトが大きい分、短い時間しか持たないかもしれないけれど、「会場(?)」を沸かすには十分な戦力です。毎回、点が欲しい時に投入される「スーパーサブ」的な。もしくは、「ゴン中山」さんとか、「カズ」さんとか、ちょっと若いところでは「中村俊輔」さん的存在力。タンスの肥やしは、勿体ない!!毎日をもう少し輝かせなきゃね!

 服装を論じる上で(大げさですが)会社員を卒業してよかったことは、毎日会う人が違うこと。だから「着回し」に気を遣わなくても、全然OK!!「毎日違う格好」にしなくても構わない☺️!!それも、パーティ要員の出番が増える理由の一つ。

私の仕事上の戦略も、大幅に変化したんです。

(相手に対しての礼儀や清潔感は依然として必要ですし、TPOも忘れてはなりませんけれど)

 桜の花の後には、甘い香りの藤の花や蜜柑の花。鶯の恋のさえずりも絶好調!

私の花粉症の季節も、もう少しで終了!

過ごしやすいこの季節に、少しでも「広いスペースを確保」して「気持ちよく暮らす」ための、前向きな作業としての断捨離。楽しみたいなと思っています。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon