ツバメコーヒー。

July 6, 2017

  1年程前の新潟駅の土産売場で見つけた、ガラスボトルに入った「カフェオレベース」。

 

私は、この商品の説明が書かれたPOPで、存在を知ったのでした。

ちょっと、素朴なロゴデザインも気になっていました。

 

そして・・・とうとう、出掛けてまいりました!

雑誌danchuでも紹介があった、新潟県燕市の「ツバメコーヒー」。

(danchuの2015年の10月号の72〜75ページに紹介されています。)

danchuの記事は、ツバメコーヒーで読みました。

「辺境の地で、カフェを始めた人がいる」的な書き方をされていました。

確かに田んぼの近くに立つお店。車社会の地方都市です。駐車場が充実しています。

ですが、幹線道路からとっても近い。

ここが辺境ならウチの実家はどうなるの?って思っちゃいました。

 

上越新幹線の燕三条で弥彦線に乗り換えて、3つ先の吉田駅で下車、徒歩でテクテク14分。

 

写真で見てもわかると思うのですが、よく晴れた暑い日でした。

やっと辿り着いて、飲んだアイスコーヒーの美味しかったこと!!たまりませんでした。

生き返るとはこのことです(笑)。

 

国道116号線を歩いて、この地方で有名なファミリーレストラン「三宝」の交差点近く。

美容室「パリス ラヴィサント」のオーナーが、店舗内にオープンさせました。

ツバメコーヒーは、2012年11月にオープンした、カフェと小さな雑貨SHOPです。

美容室を利用したお客様には、ツバメコーヒーのお飲み物がサービスされる特典があります。

 

仕事の打ち合わせに利用されているだろう方々も、何組かお見かけしました。

うん!確かに。

ファミリーレストランより、ちょっと静かでおしゃれなカフェで、打ち合わせしたいですよね〜??

 

雑貨コーナーには、私が大ファンの「エフスタイル」「わざわざ」の商品もありました。

「ツバメコーヒー」に私の好みのアンテナがピーンと反応したのが分かります。

ツバメコーヒーのロゴを使ったオリジナルの商品もありました。

大人しい癒しのアイドル、黒の芝犬「クロスケ」君もいます。

 

詳しくはこちら。

http://thubamecoffee.com

オンラインショップは

thubamecoffee.net

 

〒959-0264 新潟市燕市吉田2760-1

TEL 0256-77-8781

営業時間 水曜ー日曜 11:00〜18:00

定休日 毎週 月曜・火曜

 

燕三条(つまり、燕市と三条市)には、「マルナオ(株)」や「三条スパイス研究所」「(株)スノーピーク」など、注目の会社やお店が幾つもあります。

雑誌で紹介されていたりして、地元よりも多分・・・有名です。

最近は、地方が本当に面白い。またまた、勇気付けられました。

 

さてさて・・・。

電車の時刻表を確認して、移動の段取りをつけてはあります。

午後2時くらいに、こちらに到着したのですが、移動に都合の良い次の電車は2時間半後。

首都圏と違って、移動時間にたっぷりユトリがあるのが地方の醍醐味(苦笑)。

アイスコーヒーをお代わりしたら、さすがに飲みきれませんでした・・・。

違う飲み物を頼めばよかったなぁ・・・。ソフトクリームも美味しそうでした。

ウチの田舎の移動手段は自家用車とバスのみ。こちらは電車がある分、充分都会(笑)。

 

余談ですが・・・。

せっかく注目の会社の直営店やらお店があるんだから、それらを結んだ回遊バスを走らせるとか、考えたらいいのになぁと思ってしまいます。

新幹線の発着時間に合わせて燕三条からぐるぐる回らせたら、利用される方は結構、いらっしゃると思うんですよ。

ビジネスで来られる方も増加傾向のようですし、地元の移動手段のない人たちの助けにもなるんではないかと・・・。

 

自治体とバス会社が、それらのお店や会社を巻き込んで、運行したら面白いんじゃないかな?

長野の小布施駅から発車するバスや、沖縄の竹富島の回遊バスタクシーなど、イメージが近いものが実際にあります。如何でしょう?

 

 

▼下は、美容室とツバメコーヒーの紹介パンフレットと

    ツバメコーヒーのダイカットのショップカードです。

 ▼カフェから雑貨SHOPを覗いたところ。

 ▼カフェの客席。

 ▼暑さから生き返らせてくれた、たっぷりのアイスコーヒー。

 ツバメコーヒーのロゴデザインのクッキーがつきます。

 

 

Please reload

特集記事

商標登録完了までの道程。

April 20, 2017

1/8
Please reload

最新記事

March 18, 2020

Please reload

アーカイブ