恋愛は山登り?

September 15, 2017

 

 漫画家サラ イネスさんの作品に、「誰も寝てはならぬ」があります。

(彼女は「大阪豆ゴハン」の時にはペンネームがサラ・イイネスだったのですが、「誰も寝てはならぬ」からペンネームを変更されました。)

 

「大阪豆ゴハン」とも通じる、緩〜い感じの絶妙に気持ちのいい作品です。

私は全巻持っておりまして、たまに読み返してはクスクス笑っています。

結構、前の作品なのですが、あまりブックオフに並んでいるのを見ません。

みんな、この緩い空気が好きで、手放さないんだと思います。(私もそうだし)

 

舞台は東京の「寺」という銀座近くのデザイン事務所。

主人公は社長のゴロちゃんとイラストレーター(アーティスト)のハルキちゃん。

中学からの長い付き合いの二人は共に関西の美大出身で、ゴロちゃんはデザイン事務所、ハルキちゃんは広告代理店を脱サラ。一緒に「寺」を切り盛りしています。

 

そのゴロちゃんの名言(迷言?妄言?)に、「愛っちゅうのは登山と一緒や!アカンと思ったら即 引き返す勇気が必要やねん」っていうのがあって。

物凄い説得力?に、大爆笑だったのでした。

ちなみにゴロちゃんは×3、ハルキちゃんは×1。

 

 漫画の話ではありませんが、この「恋愛の下山のタイミングを見誤って遭難する方々」の話を酒の肴に、いつものお店の常連たちで盛り上がります。

一般ピーポーの「だめんず・うぉ〜か〜( by 倉田真由美 氏 )」の話が、また面白い。

「だうぃめんず・うぉ〜か〜」もある。

 

下山のタイミングを逸するという以前に、登っては駄目な山もある。

困難な山にあえてアタックするとか、「なぜ登るのか?そこに山があるから」という、冒険者的な義務感でもあるのか、もう、登る登る(笑)。

 

はたから見れば、それはアウトだろうとはっきり判るのに、当の本人には見えていない。

「他の人にはそうだったけど、私とは違う。そうはならない。」という感覚があるようで。

あいつはロクデナシだから!とみんなが止めても付き合っちゃう。

結果は大抵 同じで、遭難、滑落、もしくは雪崩に遭遇する。

 

これはもう、「性(さが)」とか、「質(たち)」「趣味」「嗜好」としか言いようが無い。

好きなタイプが「ロクデナシ」なんだから。

毎回、本人が「今度は違うかもしれない」と言う相手は、側から見ると同じタイプなんだもん。

「懲りないね〜!」って、当人は周りから言われています。

 

面白いですよね。

「蓼食う虫も好きずき」だし、恋愛リユースや恋愛リサイクルもありそうです。

ひょっとしたら、同じ大きなくくりの中で、くるくるパートナーが循環しているのかもしれません。類は友を呼ぶとも言いますし。

恋愛リデュース(減らす)は、彼らの辞書には無い気がします。

 

そんな彼らの偏向した「武勇伝」を聞かせてもらって、楽しんでいます。

「スペシャリスト」の話には、凡人には出会うことのない驚きのエピソードもあったりして。

好みが違うから、そういう意味で「恋愛のダイバーシティ」は確保されている(笑)。

彼らとは、いい意味で?住み分けができているんですね。

 

自分に火の粉が降りかからなければ、他人の恋愛話は酒の肴、しかも珍味!?

 

※写真は、山にちなんで、「富士山グラス」に注いだノンアルコールビール。

散る手前の首がぐったりしたバラを短く切ってガラスの器に。花を最後まで楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

商標登録完了までの道程。

April 20, 2017

1/8
Please reload

最新記事

May 17, 2020

March 18, 2020

Please reload

アーカイブ