酢の物 得意ですか?

September 24, 2017

 

 茹でたタコ(もしくはイカ)とミニトマトと胡瓜と柑橘類(かぼすでも柚子でも、レモンでも、平兵衛酢〈へべす〉でも、シークヮーサーでも)のマリネ。

最近のお気に入りのおかずです。

(写真の方は、パパッとチキンとバナナとミニトマトとキュウリにシークヮーサー。)

 

更に、お好みで紫蘇や干しぶどうやイチジクなんかを足しても。

それに茹でて売っているイカやタコは、下処理いらずで生臭さもないし、調理が簡単。

ハムとか、かまぼこ、茹でたり焼いたりしたお肉を使っても美味しいです。

 

要は旬のもので、手に入りやすい野菜と柑橘類があれば、組み合わせは何でもいいんですけれど。

 

柑橘類の切り方は、輪切りでも櫛形でも大丈夫。

他の食材も大きさを揃えて切って、混ぜて、麺つゆを掛けるだけ。

タンパク質が取れて、さっぱり、甘酸っぱくて、お腹に優しい。

マリネは、「肉や魚、野菜を酢やレモン汁に調味料を加えて作った漬け汁に浸す調理方法」を言うそうですから、日本語で言えば「酢の物」ってことになるのかな?

ちょっとニュアンスが違う気がする。

「酢の物」は、肉や魚と一緒にしない・・・かな?

 

実は「酢の物」が子どもの頃から苦手です。

子供心に強烈に美味しくないと思ったもの。それが、酢の物です。

お店で出されたりする、作り置きのキュウリとワカメの酢の物。

ワカメが溶けていませんでしたか?

キュウリもワカメも大好きなのに!最悪だぁ!!

なんで、こんな不味いものにわざわざするの??

 

酸っぱい柑橘類もリンゴもキウイも大好きだから、酸味が苦手な訳じゃない。

早い話、醸造酢が・・・米酢の味が、好きじゃないってことです。

だから、酢飯も得意じゃないんです。

いくら華やかに飾ってあったとしても、お雛様のちらし寿司とかを食べたいと思ったことがありません。

それに加えて、あのピンクのデンブも、好みじゃなかったのですけれどね。

ご飯のおかずが甘いというのが、どうも受け入れにくくて。

 

大人になった私は、苦手な米酢の代わりに、酢の物やマリネを作る時に柑橘果汁を使います。

華やかで爽やかな香りが嬉しいし、見た目も綺麗ですし。

なんだか自分がすごく腕のいい料理人になったように「錯覚」できます。

味付けは、間違いようがないと言うか、ハズレません。

 

 そうそう。

せっかく作った料理なら、素敵な器にちょっと小山を作るように盛り付けてくださいませ。

洗い物が増えるからと、調理器具からそのまま食べたりしないこと。

(ラーメン大好き小池さんみたいに、鍋なんかから直接食べたりしないでね。)

お皿の余白が綺麗に見えるように、少なめな量で盛り付けると、更に美味しそうに見えます。

見た目が整うと、実際に美味しさが増すと思うので。

あくまで個人の感想ですが、面倒がらずに是非、お試しあれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

商標登録完了までの道程。

April 20, 2017

1/8
Please reload

最新記事

May 17, 2020

March 18, 2020

Please reload

アーカイブ