空高く。

 秋の空は高い。

私の故郷は、夏も冬も水蒸気が多い地域です。

そんな訳で、太平洋側に比べて、空の色に白が多く混じっていると感じます。

絵本画家の黒井健さんも、その様に仰っていたと記憶しています。

それでも、秋は突き抜ける様な青空を見る機会が多い様な・・・。

 空の色の見え方は、水蒸気、チリ、埃などの空気中の分散量が関係しているそうです。

太陽光線が、それらにぶつかって散乱する。

光がいろんな方向に反射(=乱反射)すると、目に見える光は白っぽくなる。

秋や冬は空気が乾燥しているし、埃っぽくないから、散乱が少ない。

つまり、空気が澄んでいる。

だから、空は白っぽさが少なくなるし、高く遠くまで見えるということの様で・・・。

チリやホコリや水蒸気の量には、高気圧の出身地(大陸性か?海洋性か?)も、大きく関わっているといいます。

 青空の色味については、さらに地学?の知識もプラスされるそうです。

地球の自転の回転軸が、公転(=太陽の周りを惑星が回ること)面の垂線に対して、約23.4°の傾きがあるために、太陽の南中高度が変化して季節が作り出されて行く。

太陽の高度が下がれば光量もその分落ちますし、光が斜めから差し込めば、結果的に分厚くなった大気の中を、屈折率の低い赤い光がより多く進んで、届く。

夕焼けが赤いのは、そういう理屈だそうです。

太陽の南中高度が下がる秋の空は、薄く赤のフィルターがかかる感じでしょうか?

青空が、少し紫っぽくなるのだそうです。

色相が、わずかだけれど変化する。

 ファッション業界では、毎回、実シーズンの2年前に、トレンドカラー情報を発表している組織(=インターカラー)があります。

トレンドカラーは、意図的に生み出されている・・・と、言えます。

そうであっても、やはり揺るぎない「季節の色」が有ります。

店頭に赤みのフィルターが掛かった「季節に馴染む色」が、増えるのは当然のことだと思います。

気温の低下で、温かな素材になるのは勿論のこと。

アクセサリーには、「澄んだ夜空に光り輝く星」の様な、キラキラ系が目立ちます。

陽が傾くのが早いから、「光や灯の様な輝き」に、心を奪われるのかもしれません。

秋は、オシャレを楽しむ季節だとも言います。

天高く・・・、美味しいものは多いけれど、なるべく肥えず・・・に楽しみたいと思います。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon