冬に恋しいもの。

December 5, 2017

 

 北の方では冬将軍が分厚い真綿の真っ白なコートを翻し、白い息を吐いて大暴れ。

今年は冬が2週間ほど早くて、12月の最初の週末は、紅葉を楽しむ最後の週末だったとか。

 

テレビの映像を見る限り、故郷はまだ積ったりはしてはいないのですが、重たい鉛色の雲に覆われて、昼間だというのになんだか「薄明かりな景色」でした。

 

あの空の下に立つのは結構、勇気がいります。

相当に寒いからね。

最低気温が、関東とそれほど大きく変わらないのだけれど、最高気温が上がらないから。

北陸とか東北とか北海道が出身地だと、寒さに強いって思われがちですが。

 

あの空の下で、元気に遊んでいた子供時代。

ほっぺは真っ赤で、手や足の指や耳たぶに霜焼けができたりしてたのに。

すごいな〜って思います。

 

厚めの靴下を履いても、長靴の靴底は薄くてとっても冷たかった。

水分の多い雪から身を守る?ためには、濡れないことが最優先だったから。

 

故郷の女子高生は、そんな中を素足で制服のスカートの丈をミニにして、頑張っています。

キミ達のパワーももすごいよ!

小さな子供とは別なパワーだけれど(笑)。

 

鍛えれば?慣れれば?・・・ある程度は平気になるものかな?

東京で2月に半袖でいるドイツの人を見たことがあるから、ちょっとそんな風にも思う。

思いっきり北に住んでる人には、暖かく感じるのかも。

 

故郷にいる時は「冬はこんなもんだ」だったし、寒さには慣れていたけど平気じゃなかった。

寒いから、それなりの格好をしていたってだけのこと。

寒くても、出かけなきゃいけなかったし。

 

大人になって、かなり、ひ弱になった気がしております。

こちらにいる期間が長くなってしまったからかな。

霜焼けが出来なくなって、相当久しいのですけれど。

寒い日には、出かける気力がなくなってしまう。

 

クリスマスツリーやリースやスワッグ、お正月飾りが沢山販売されていますね。

赤いバラの実、サンキライの実、松ぼっくりに杉やもみの木の枝。

キラキラした飾りやリボン、赤い水引・・・。

 

食品コーナーは、シチューや鍋、おでんの材料や、チーズにワイン、ケーキに焼き芋や栗のお菓子・・・。

しっかり、どっしりした味のものや、体を温めてくれるものが多くなる。

 

焼き芋の焼ける匂いや、おしゃれなお家の薪ストーブ(こっちの人は、薪ストーブをわざわざ設置しなくていいんじゃないか?と個人的には思うけど)の匂いを嗅いだりすると、暖かさと幸せと、冬の訪れを感じます。

ホカホカのお芋や栗の匂いや味は、幸せだなあ。

 

コタツにみかん。

半纏にストーブ。

柚子湯に、南瓜。

しっかり温まって、身近な幸せをゆったり感じて、春への力を蓄えよう。

何かと忙しい、年末ではあるけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tags:

Please reload

特集記事

商標登録完了までの道程。

April 20, 2017

1/8
Please reload

最新記事

August 3, 2020

May 17, 2020

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon