お花に力を貰う。


 ゆるっとOPENしたので、友人の数人にしか伝えていなかったのですが、オープン当日に立派なお花が届いてビックリしました。

私なりに、玄関前に四季咲きのビバーナムの大きめな鉢植えを置いたり、トリートメントルームにヒバの大きな枝などを生けて、お客様をお迎えする準備をしていたのでした。

そこにやってきた色とりどりの大きなお花のアレンジメントは、生命力の塊のような華やかさです。

良い香りが部屋中にふんわりと広がって、空気を清浄にしてくれる気がします。

1週間が経過しましたが、お花やさんの腕がいいのか、お花の持ちがとってもいい。

どちらもとにかく大きなアレンジメントでしたし、お花それぞれのサイズも大きくて。

南国のお花や葉っぱ(モンステラとかピンクッションとか、アンスリウムなど)や、緑のカラー、カサブランカにトルコキキョウ、オレンジと赤のダリアにオレンジ、薄紫、真紅の薔薇、ピンクとペールイエローの大きなガーベラ。

大きな紫の縁取りのカーネーションに、紫とグリーンの実がついた枝や、紫や赤の大きな葉。

それぞれの個性が、互いの美しさを引き立てあっています。

冬は露地でお花を見ることが少なくなりますから、本当に嬉しかった。

普段、白い花とグリーンの組み合わせや、同系色の濃淡の生け方が多い私なので、ゴージャスな、ドラマチックなお花の生け方は刺激になります。

はぁ〜っ!凄い〜!と息を飲む感じ。

頑張れよ〜!と、沢山 応援してもらってると感じました。

そんなありがたいお気持ちと、お花の生命力を少しでも長く感じていたいので、アレンジメントの中のオアシスに水を足したり、元気が無くなっているお花は茎を切って火に炙り、水揚げがよくなるようにしています。

ところどころ、ピークが過ぎたものも出てきましたが、アレンジメントから少しずつ抜いて、枝や、茎を少しずつ短くしながら、他の花器に活け直します。

首だけ、なんとかなりそうなお花は、水盤に浮かべて。

というわけで、お花が占める面積が横に横に、どんどん広がっていきます。

散りそうになったバラは、花びらを浮かべてフットバスにして楽しみました。

とにかく、お花自身の命をいただいているのですから、最後まで愛でたいと思います。

ありがとう。あなた方の美しさは、私にとても力を与えてくれています。

それから、お花を届けてくれた大切な友人たちに、感謝!!しています。

応援を背に・・・ゆっくりと地味に・・・頑張ります。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon