スワッグも衣替え。


 花粉症の季節が近づいて、ユーカリに頬ずりしたくなる気分のこの頃。

薬局では目薬、マスク、鼻炎薬と特設売り場が開設されていますし、雑貨屋さんではユーカリや、ペパーミント系のデフューザーやらのセレクトが目立ちます。

クリスマス頃から、冬のイメージのスワッグを作って飾っていましたが、流石にちょっと重い感じがして、新しく作って取り替えました。

まだまだ、とっても寒いのですが、気持ちはもう春に向かっているわけですし。

やはり、ユーカリの枝をしっかり使おう!と思いまして。

リボンの色は、ユーカリに合わせて重すぎないミントグリーンを使いました。

100円ショップのラッピングコーナーのリボンの中から、なんとか似合いそうな色を選びました。

お花は、お祝いでいただいていたアレンジメントの一部をドライフラワーにしたものです。

植物で新しく付け足したのはユーカリの枝だけ。

バラと、レモンリーフとピンクッション、ヒバの枝、そしてユーカリの枝。

ちょっと、清々しい感じに仕上がったかな?と思うのですが、いかがでしょうか?

ヒバの枝が反り返ってしまっているのですが、それがまたちょっと味かな?

テクニックいらずで楽しめるスワッグ作りは、気分転換にもオススメです。

枝ものを使って少しボリュームがあるように束ねると、豪華になります。

花材に凝れば、ショップで販売しているようなすごく立派なものができますが、日々の生活とのバランスではこんなものかな?と思います。

レモンリーフに、ユーカリに、ヒバ。

それぞれ元々、清々しい香りがする植物の枝なので、アロマのブレンドデザインをしているような気分に。

些細なことですが・・・ちょっと幸せな気分です。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon