コスチュームジュエリー。

July 31, 2018

 

 アクササリー、お好きですか?

汗をかく夏は、大振りな貝殻やガラス玉のビーズを使ったものが、涼しげで素敵ですよね。

太陽光線の影響もあって、夏に映えるアクセサリーは冬のチョイスと異なります。

 

私は自然の素材を使ったものが好きですが、コスチュームジュエリーも嫌いじゃありません。

コスチュームジュエリーは、本物の宝石や真珠や半貴石を使用しないアクセサリーのことです。ですから、ブランド物でも無い限り、安価です。

 

 コスチュームジュエリーが有名になったのは、シャネルがシャネルスーツに合わせた3連〜5連の模造パールのネックレスとか、昔の映画&舞台女優さんたちのドレスを飾ったアクセサリーだったと言います。

有名ブランドや素晴らしい技術の職人さんの作品は、一般市民にはちょっと手が出ません。

 

手軽なコスチュームジュエリーなら、H&MやZARAなどのアパレルメーカーのアクセサリーが代表格でしょうか?

お財布に優しくて、大胆で遊び心があるデザインなので嬉しいのですが、品質もそれなりなことが多いので、「品質もデザインも二重丸な商品はないかな?」とウィンドウショッピングを楽しんでいます。沢山見ることで、目が肥えてくる気がします。

 

イヤリングやネックレスを無くすことが多かった私。少額でも無くせば凹みます。

小市民なので、高額なアクセサリーは、つけることより落とすことが心配です。

そもそも、高額なアクセサリーなど持ってはいませんが。

 

クリアな「ガラス玉」と「樹脂」と「ダイヤ」の輝きの違いに無頓着(私には違いがわからない)ですし。

そんな奴に本物をつける資格はありません(笑)。

 

「気軽につけられてデザインがよければいい」んです。

お金がなくてもセンスで勝負だ!という心意気?です。

私が持っている数少ない本物の宝石類は、淡水パールくらいかなぁ・・・。

 

 

 ムーンストーン(月長石)の美しさに心惹かれたりしますし、「トパーズ色の月」なんていう表現はロマンチックだと思います。

宝石が嫌いというわけでは無いので、その辺は誤解なさいませぬ様に。

「身につける」ということには情熱が無い・・・ということなので。

鉱物図鑑を持っているくらい、宝石の歴史や鉱物としての魅力を十分に感じています。

 

※※ 写真は酷暑に負けずに咲く赤いカンナの花です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

商標登録完了までの道程。

April 20, 2017

1/8
Please reload

最新記事

March 18, 2020

Please reload

アーカイブ