美しいお箸と箸置き。

December 7, 2018

 

 

 「お箸の国の人だもの。」

随分と以前に流れた、三田佳子さんの「味の素のほんだし」のCMのセリフです。

コピーライターさんは、矢谷健一さん。

さらっと、素敵なコピーですね。

難しくない言葉なのに、心にするりと落ちてくる。

温かい湯気の向こうの和食が見える。

 

そんな和食をいただく時に・・・自分が手に取りたいお箸は、どんなお箸でしょうか?

 

 実はここ数年、気に入って使っているお箸があります。

華奢で、丁寧にゆっくり食事がしたくなる、美しいお箸です。

 

これも、雑貨&アパレル、インテリアを扱う「ダブルディ」さんで見つけたものでしたが、その当時はメーカー名が一切判りませんでした。

「細いお箸」で検索したら、割合簡単にヒットして、アマゾンその他で購入が可能でした。

同じお箸を販売している会社が、多数存在しています。

 

でも・・・肝心のメーカーさんがどれなのか?が判らない。

頑張って検索して、なんとかたどり着きました。

積層材のパイオニアでもある、箸のトーホクさんでした。

元々は東京のメーカーさんだったそうですが、現在は秋田を本拠地にされているのだとか。

このお箸・・・食洗機に対応できていることもウリの一つです。

つまり、丈夫なのですね。

 

それから、似合いそうな箸置きを、ゆっくり探すことにしました。

そして夏に、百貨店の食器売り場で綺麗な竹製の箸置きを見つけました。

京都の公長斎小菅(こうちょうさいこすが)さんの商品です。

 

竹製ですから、初冬の食器売り場のディスプレイには、ちょっと馴染みません。

ですから、今は売り場で目にする機会がないかもしれません。

本当にシンプルで美しい箸置きだなあと思います。価格もリーズナブルで。

 

 年配の一人暮らしの方や忙しい独身者は、割り箸をずっと使い回したり、洗い物の手間を減らしたいと思って、お皿を使わないようにしがち。

食事を目でも楽しむ余裕が・・・無いのかも。

ちょっとしたこと(お箸や箸置きを使用すること)で、幸せなお食事時間になる気がするのですが、如何でしょう?

 

実家の母も、綺麗な食器が沢山あるのに、普段はオマケで貰ったモノを使っています。

パックのお惣菜の容器のまま、ご飯を済ましてしまうこともある。

綺麗な食器がせっかくあるのに、生きているうちに使わなくてどうするのか?と、帰省のたびに言ってしまいます(笑)。

花嫁衣装じゃあるまいに。

素敵なものは味わおうよ!!モノから力をもらおうよ!!・・・って。

 

 

 以下はメーカーさんのサイトです。

例によって、私好みの素敵なモノとして、勝手にお勧めしています。

興味のある方は、是非覗いてみてください。

 

*****
 

↓積層箸のメーカー:トーホクさんのサイト

http://www.to-hoku.co.jp

 

↓竹製品の京都の老舗:公長斎小菅(こうちょうさいこすが)さんのサイト

http://www.kohchosai.co.jp

 

 

 

Tags:

Please reload

特集記事

商標登録完了までの道程。

April 20, 2017

1/8
Please reload

最新記事

May 17, 2020

March 18, 2020

Please reload

アーカイブ