カップ麺を作る時間で。


 カップ麺。

結構、食べます。

お腹空いた時にすぐにありつけるし、お茶碗を洗ったり片付けたりする手間がありません。

でも・・・食べた後の罪悪感が半端ではありません。

なんだか、生活にやさぐれ感が出る気がする。

たまにはいいんですよ?

何もしたくない時、出来ない時。

そんな時には強い味方なんだから。

ただ、ちょっと最近、登場回数が多くなってきていて反省中なんです。

ちゃんとしていない感・・・、食物繊維やタンパク質はどこにある??、脂質と糖質だけだぁ〜!!栄養が偏る、高カロリー・・・。

太るぞ!?

自分を可愛がっていないテキトーな感じに、ものすごく後悔する。

これじゃ、いかんでしょ!と言うことで・・・。

 今日の遅い朝ごはんは、カップ麺を作る時間内でできるモーニングセット。

パンをトーストして、テフロン加工のフライパンに、油を引かずにハムエッグ。

バナナ刻んでママレードと干しぶどうと少々のナッツを掛けて、エスプレッソタイプのコーヒーを1杯。ハムエッグには「胡椒&ポン酢醤油」派です。

5分で出来ちゃいました。

それだけなのに、やっぱりちょっと幸せになります。

「美味しそう」って思える力は、大きいなあ。

緑色の野菜が足りないのだけれど、レタスやワカメを少し添えるとか、キャベツを茹でておいたのなんかをお皿に添えれば、見た目がもっと整います。

最近、CMで見かける塩昆部長の「ネギ塩昆布だれ」をちょこちょこ作るので、それをキャベツにかけたら更に美味しい。

昆布は水溶性の食物繊維だから、お腹の調子も快調に!!

 「バランスのとれた食事」と「適度な運動」と「快適な睡眠」が大切なのは、言うまでもありませんよね?

そして、目で楽しむ効用も。

お料理の彩りが豊かなことに越したことはないけれど、いつもは出来ないかも。

お盆やランチョンマット(プレイスマット)を敷くとかするだけでも気分が変わります。

布や食器の色に助けてもらうのは、アリですね。

カップ麺を作るくらいの短い時間で、簡単に気分を上げることができるんだなぁ・・・と。

 やさぐれ感を積み重ねると、多分、綺麗から遠ざかる。

「ちょっと一手間」。

大切にしたいと思います。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon