朝の蓮の花。


 高校時代に通学の途中、横切っていた神社の境内。

午前中に訪れるのは、その時以来です。

神社は整備されたり建物が増築されたりしてました。

久しぶりに朝の散歩と称して神社の境内を歩いて見たら、思いもかけずに蓮の花を楽しむことが出来ました。

 蓮の花は午前中にしか楽しめないとか。

花が開くときに「ポン!」と音がするとかしないとか?

そんな音を聞くほど、朝早い時間に蓮池を訪れたことはありませんが、もし、本当なら聞いてみたい気がします。

 沢山のピンクの蓮のつぼみや花が開いている様は、その上を天女が浮かんでいる図を連想させます。

朝靄の中、蓮の花の上で美しい天女が楽を奏でていても、少しも違和感を感じないかも。

久々に、蓮の花をモチーフにイラストでも描いてみようかなあと、思ったり。

 帰省の期間のお楽しみは、懐かしい場所を訪れること。

それから、今も付き合いが続いている友人とのランチや日帰り旅行など。

毎回それが可能かといえば、そうも行かないのですが(なにせ、みんな大人だから忙しい)、意識して機会を設けないと、あっという間に時が過ぎてしまいます。

 アルバイトをしていた神社の近くの2階の喫茶店は、店名が変わってしまいました。

当時、60代中頃だったであろうママは、お元気なのでしょうか?

そのほかにアルバイトをしていた喫茶店や、近くにあった日活の映画館やお風呂やさんは、既にありません。

当時、お世話になった人たちの連絡先も判りません。

あんなに毎日顔を合わせていたのに。

名前もうろ覚えになってしまいました。

いつも、近くにあるようでいたのに、気がついた時には掌から零れ落ちてしまっていました。

 時間やご縁は無限ではありませんね。

懐かしい場所も、そのままではありません。

大好きな人達との縁は、なるべく手放さないようにしたいと思います。

今後の人生の中で、それほど気の合う人と出会えるとは限らないし、気の置けない友人と過ごす時間が、自分を励ましてくれることがありますから。

 大事な懐かしい思い出。

未来のためにも、大切にしたいです。

*****

写真は、朝の10時半くらいの蓮池の様子です。

もっと早い時間だったら、沢山花が開いていたかもしれません。

・・・当時はこれほど沢山の蓮の花があったかしら??・・・記憶がありません。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon