故郷と家族を思う時。

夜の地震速報。 ドラマを楽しんでいましたら、故郷の文字と津波の予報の画面に切り替わりました。 震度が不安を煽ります。 ちょっと、遅い(いつもなら両親は就寝している時間)のですが、実家に電話を掛けました。 電話口に出てくる気配がありません。 20コールしましたが諦めました。 携帯が繋がりにくいのは予想できていました。 それに、災害時は頼れる固定電話ですしね。 震源地よりも遠く、震度4の地域であることを確認して、翌朝に連絡を入れることにしました。 ひょっとしたら、揺れは思ったほどでなく、眠っているのかもしれない。 揺れを感じて家から飛び出しているかもしれない。 きっと、無事。 ・・・そう思いながらテレビに釘付けになっていると、心配した友人から次々連絡が入ってきました。 故郷の友人の安否も気になります。 そうだ、彼等は大丈夫だろうか? こちらからも連絡を入れて、みんなの無事を確認しました。 幸いなことに大きな混乱もなく、連絡がつかないということもありませんでした。 で、実家ですが・・・。 翌朝、すぐに電話に出てくれました。 夜の電話は分かっていたけれど、真っ暗(停電してはいませんが)なところを慌てて歩いたら怪我をするから、布団を被って寝ていたそうです。 つい、この間、帰省したばかりなのに。 しょっちゅう、帰省しているのに。 こんな時は、故郷が遠い。 車があるわけではないし、新幹線は止まっているし、そもそも時間が遅い。 とにかく、朝になるまでは打つ手がないのです。 澄んだ空気に、溢れる緑、きらめく星空、曇天に白い雪・・・。 仲良しの友達と過ごした日々。 大好きな家族や故郷を思う時・・・

初夏のお楽しみ。

泰山木の花を、通りすがりのお宅で見かけました。 自転車を走らせていましたら、遠くから見える白い花。 凄く背が高い木です。 近寄って観察。 一番近い距離で見ることができたお花でも、見上げる感じです。 良い香りがするはず(嗅いだことが無いので)なのですが、遠すぎました。 どんな香りだったのでしょうか? 確認できなくて、残念!! 直径が20cm以上ありそうです。 同じように初夏に咲く大きな花で、形状が似た「朴の木」の花がありますが、葉っぱが違います。 見かけることが少ない花なので、ときめきました。 下の写真は山椒の実です。 実家の庭には揚羽蝶が沢山やってくるのですが、柑橘類の木は無いはずなのに・・・と、ずっと不思議に思っていました。 昨年気づいたのですが、山椒の木が何本か生えていたのです。 山椒は、揚羽蝶が大好きな柑橘類でした。 5月に帰省した際に花が咲いていたのを確認したので、「さぞや沢山の実をつけているのに違いない」と楽しみにしておりました。 しかし・・・。 私が確認していた山椒の木は雄の木で、全く実がついておらず・・・。 そう。 山椒の木は雌雄異株だったのです。 が〜ん!! 山椒の実は手に入らないかぁ・・・残念!!と、思っていましたら・・・。 小振りの山椒の木がちょっと離れた場所で実をつけていました。 やった〜!! 収穫したのはたった50gくらいですが、クックパッドを参考にして下処理をし、お酒と醤油で漬けて瓶詰にしました。 クリームチーズや塩にぎりのおむすびに2〜3粒乗っけると、とっても美味しい!! ピリッとして、大人の味。 子供には、この美味さは分かるめ〜!!(笑) ※粒胡椒

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon