November 29, 2019

 近所を散歩する時間が異なると、見かける人も変わります。

そんな時に出会った人と、なんとなく交わす会話が弾む・・・そんなことがありませんか?

 私はものすごく人見知りなのです。

それなのに、初対面の人との会話がスムーズなことがよくあります。

その場限りだと思っているから、今後の展開なども考えずに済む。

だから、きっと、緊張しないのですね。

 先日、ある会社の駐車場の隅の花梨の木が、沢山の実をつけているのに感動してスマホで写真を撮っていたところ、男性に声を掛けられました。

従業員でも無いらしい人間が、駐車場に入っていたのだから、当然かもしれません。

...

November 6, 2019

 ここ数年ですが・・・。

ある友人が亡くなった、親しい友人が経営していた会社を閉じた、懐かしい友人が大病を患った・・・

そんな知らせを受けることが増えました。

・・・そして、家族にも自分自身にもいくつかの変化が。

そんな年齢になってしまったとも言えますが。

 ブログを1カ月ぶりに書くことになっった理由でもありますが、最近、思わぬ形で長期静養をすることになりました。

人生は油断なりませんね。

 で、考えました。

会いたい人や、なかなか会えない人に連絡しなくちゃ!って。

私にとって大切な人たち(でも、少しご無沙汰してるかな?)に、メールしました。

だって、...

October 3, 2019

 Cafeでお茶。

1枚目の写真は和栗のモンブランとホットコーヒーです。

今、Cafeで珈琲や紅茶のお供の甘いものには、芋(スイートポテト)、栗(モンブランケーキ)、南瓜(パイ)、林檎のタルトタタン、無花果のコンポートなどなど・・・秋の味覚が満載です。

こんな時に、「あ、秋になったなあ・・・」と感じます。

 夏にあれほど飲んだ炭酸飲料や、アイスコーヒーやアイスティ。

それよりは、ホットコーヒーを頼みたくなります。

カフェオレにシナモンミルクティ、ココアにホットチョコレート、ホットチャイティ、・・・。

ドリンクのラインナップ変更も見逃せません!

 お...

September 22, 2019

 「 夏休みの宿題」で、朝顔の観察日記を選んだ人は相当数いらっしゃると思います。

夏休みと朝顔はセットになっている。

ですから、夏の花といえば朝顔!・・・と、向日葵を思い浮かべる人が多いと思います。

 ところがですね・・・。

俳句の季語では、「朝顔」は秋の花なのですよね。

旧暦の7月頃(今の暦では、だいたい8月下旬)に咲くので、牽牛花とも呼ばれるそうです。

つまり、秋の訪れを告げるということで、初秋の花ということでした。

 奈良時代に日本に薬(種を粉末にして下剤、利尿剤としました)として伝わったのだそうです。

大変に毒性が強いので、素人が利用するこ...

August 30, 2019

 先日帰省した際、辿り着いたCafe。

乾物屋さんの「篠原」さんが経営されています。

新潟市の西堀通りと営所通りの交差する角。

斜めに本町通に通じる「人情横丁」が見える場所。

奥様が、長年夢だったCafeを、お店の一角にオープンさせたのだそうです。

ここのコーヒーは、「雪室珈琲」のハンドドリップ。

「雪室珈琲」は、新潟の鈴木コーヒーさんのブランド。

嫌な酸っぱさがなく、バランスが良い。

コーヒー好きな方にオススメな味です。

丁寧に入れてくださる珈琲。

とっても美味しかった🎶

スタッフさんが感じが良くて。

素敵なサラッとした接客で、居心地がいいです。

ランチ...

August 28, 2019

 「唆る」。

皆さん、すらっと読めました?

 この漢字。

小学生がいとも簡単に「そそ・る」と読むんですよ。

そして、ちゃんと、書ける。

意味を理解している。

・・・大好きな漫画に、この表現が使われているからなのですって。

少年たちが読めるように。ちゃんと「ルビ」が振ってある。

難しい漢字や表現を、「かっこいい!」と彼らは感じるそうなのです。

 「かっこいい!!」ことは、使ってみたくなります。

面白いことは、するりと頭に入ってくるし、蓄積されるんです。

 簡単な表現を極力使うように新聞が変わって、「ルビ」を見ることが少なくなりました。

漢字で全部書くところを...

August 2, 2019

  高校時代に通学の途中、横切っていた神社の境内。

午前中に訪れるのは、その時以来です。

神社は整備されたり建物が増築されたりしてました。

久しぶりに朝の散歩と称して神社の境内を歩いて見たら、思いもかけずに蓮の花を楽しむことが出来ました。

 蓮の花は午前中にしか楽しめないとか。

花が開くときに「ポン!」と音がするとかしないとか?

そんな音を聞くほど、朝早い時間に蓮池を訪れたことはありませんが、もし、本当なら聞いてみたい気がします。

 沢山のピンクの蓮のつぼみや花が開いている様は、その上を天女が浮かんでいる図を連想させます。

朝靄の中、蓮の花の上で美...

July 17, 2019

 会社員のビジネス用語というのか、カタカナ英語。

 皆さんも使ったり、耳にすることが増えました?

時々、あまりに使われ過ぎたり、短縮され過ぎたりして意味不明に感じることがありませんか?

使いすぎる人を、軽薄に感じることがありませんか?

 7〜8年程前の話ですが、上司に仕事の報告をした際に、「みんなはagree(アグリー)したのか?」と言われて、「勿論です。」と答えたものの・・・。

心の中では思わず「え?・・・」。

後で「ハーッ」って、大きな溜息をついてしまいました。

みんなが同意したのか?とか、賛成したのか?って言えばいいのに、わざわざそれを使う...

July 1, 2019

 実家に帰省する機会が増えるにつれて、着ていく服をより考える様になりました。

 シワになりにくく、洗濯しても乾きやすく型崩れせず、嵩張らないこと、重くないこと。

そして、故郷で悪目立ちせず無難に見え、且つ私の体型が綺麗に見えるもの。

小旅行の荷造りに似ているのですが、(下線部分が)ちょっと違います。

小旅行ならお洒落なチョイスに力が入りますが、よりカジュアルにシフトします。

帰省用のチョイスは、「お出掛け」と言う非日常感を排除しなければならないのです。

都会では当たり前なのに、地方ではちょっと浮いて見えてしまう様な服・・・そういうものも避ける様...

June 19, 2019

 夜の地震速報。

ドラマを楽しんでいましたら、故郷の文字と津波の予報の画面に切り替わりました。

震度が不安を煽ります。

ちょっと、遅い(いつもなら両親は就寝している時間)のですが、実家に電話を掛けました。

電話口に出てくる気配がありません。

20コールしましたが諦めました。

携帯が繋がりにくいのは予想できていました。

それに、災害時は頼れる固定電話ですしね。

震源地よりも遠く、震度4の地域であることを確認して、翌朝に連絡を入れることにしました。

ひょっとしたら、揺れは思ったほどでなく、眠っているのかもしれない。

揺れを感じて家から飛び出しているかもしれ...