タクシーを拒む理由。

父が免許証を返納して、8年くらいでしょうか。 実家は田舎なので、バスも一日数本しか走っていません。 ですから、移動手段はもっぱら自転車か徒歩。 晴天が続かない雪国のこの季節。 荒れている日の移動は大変です。 病院や医院、図書館、スーパー、商店街。 一番近くても、2kmくらいはあります。 移動手段の無い高齢者は主に自転車で、一直線に用事を足しに移動します。 田舎の道は田んぼや畑を通る農道の一本道。 もしくはトラックが行き交う国道沿い。 途中に店舗はあるけれど、コンビニとかラーメン屋さんとか、ファミレスがポツリポツリ。 冬の広い道路は、吹きっさらしです。 天候が悪くて、どうしても出掛けなくてはならない時は、タクシーを使って欲しいと子供達は思うのですが、両親は頑として聞き入れてくれません。 タクシーでの移動を拒む理由は、「世間の目」です。 贅沢をしていると見られたくない・・・が、根底にあります。 **地方のタクシー会社も改変の嵐に晒されていて、台数が激減しています。 利用したい時に利用で来るかといえば、断られることも。 老人だけの家で、車という交通手段が無いのは周知の事実なのだから、気兼ねをする必要は全く無いのですが。 個人で1台車を所有している家が少なく無い田舎です。 たまに使うタクシーよりも、そっちの方が贅沢なはずなのですが。 それは、勘定に入らない。 通勤で車を使用しない関東の人なら、2kmくらい歩くのを苦とも思わないでしょう? ウインドウショッピングしながらの移動は楽しいですし。 田舎の人は、結構・・・歩きません。 車で移動が当たり前ですから。 ウインドウショッピングするなら

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon