乾物屋さん経営のCafe。

先日帰省した際、辿り着いたCafe。 乾物屋さんの「篠原」さんが経営されています。 新潟市の西堀通りと営所通りの交差する角。 斜めに本町通に通じる「人情横丁」が見える場所。 奥様が、長年夢だったCafeを、お店の一角にオープンさせたのだそうです。 ここのコーヒーは、「雪室珈琲」のハンドドリップ。 「雪室珈琲」は、新潟の鈴木コーヒーさんのブランド。 嫌な酸っぱさがなく、バランスが良い。 コーヒー好きな方にオススメな味です。 丁寧に入れてくださる珈琲。 とっても美味しかった🎶 スタッフさんが感じが良くて。 素敵なサラッとした接客で、居心地がいいです。 ランチは「さすが乾物屋さん!」なメニューで、出汁を楽しめる。 この出汁は、どれを使ったものですか?と、乾物を買って帰りたくなります。 この戦略!・・・さり気ないアピール!・・・素敵です。 西堀通りや、古町(ふるまち)界隈のCafeは、ほとんどが11:00頃のオープン。 ここは、AM9:00からオープンしている貴重なお店です。 時々、午前中にワークショップを開催されているそうです。 私が伺った時は、まさにその真っ最中で、皆さんがシルバークレイのアクセサリーを作っていらっしゃいました。 妙齢の奥様方が楽しそうにされている様子は、本当に可愛くて少女の様です。 空気がほんわかピンク色でした。 学生の頃、この界隈は朝早くからオープンしている喫茶店が多かったし、お店もギュウギュウに詰まっていた雰囲気でしたが、今はちょっと寂しい感じです。 昔アルバイトしていた喫茶店には、開店前に近くの瀬戸物屋さんのおじさんや、小さな地元の会社の社長さんが毎日モー

「ルビ」を振る。

「唆る」。 皆さん、すらっと読めました? この漢字。 小学生がいとも簡単に「そそ・る」と読むんですよ。 そして、ちゃんと、書ける。 意味を理解している。 ・・・大好きな漫画に、この表現が使われているからなのですって。 少年たちが読めるように。ちゃんと「ルビ」が振ってある。 難しい漢字や表現を、「かっこいい!」と彼らは感じるそうなのです。 「かっこいい!!」ことは、使ってみたくなります。 面白いことは、するりと頭に入ってくるし、蓄積されるんです。 簡単な表現を極力使うように新聞が変わって、「ルビ」を見ることが少なくなりました。 漢字で全部書くところを、当用漢字ではないからという理由で、2文字のうちの1文字をひらがなにされたために意味が取れなくて読めない・・・なんてこと、ありませんか? 結構な頻度だと思うのですが、如何でしょうか? 難しい漢字なら、ルビを振ってくれたらいいんじゃないの?? 読者を馬鹿にしているというか・・・知的欲求に蓋をしていませんかね? 以前の新聞記事には、きちんと「ルビ」が振られていたと記憶しています。 新聞や漫画やSF小説に振られた「ルビ」で、漢字を覚えることがとても多かった。 自然と覚えましたから。 おかげで、小中学時代は楽チンでした。 努力しなくても漢字の書き取りには苦労しませんでしたし、生物や化学、数学的な知識も、「面白い!」と感じるとどんどん頭に入ったので。 私の親の世代は、漫画を読む子どもは馬鹿になると思っている人たちが多かったですし、同世代でも頑なに「漫画を読まない」人がいたのでした。 読書と漫画を区別する必要ってあるかな〜? 絵本を読む(見る?)

朝の蓮の花。

高校時代に通学の途中、横切っていた神社の境内。 午前中に訪れるのは、その時以来です。 神社は整備されたり建物が増築されたりしてました。 久しぶりに朝の散歩と称して神社の境内を歩いて見たら、思いもかけずに蓮の花を楽しむことが出来ました。 蓮の花は午前中にしか楽しめないとか。 花が開くときに「ポン!」と音がするとかしないとか? そんな音を聞くほど、朝早い時間に蓮池を訪れたことはありませんが、もし、本当なら聞いてみたい気がします。 沢山のピンクの蓮のつぼみや花が開いている様は、その上を天女が浮かんでいる図を連想させます。 朝靄の中、蓮の花の上で美しい天女が楽を奏でていても、少しも違和感を感じないかも。 久々に、蓮の花をモチーフにイラストでも描いてみようかなあと、思ったり。 帰省の期間のお楽しみは、懐かしい場所を訪れること。 それから、今も付き合いが続いている友人とのランチや日帰り旅行など。 毎回それが可能かといえば、そうも行かないのですが(なにせ、みんな大人だから忙しい)、意識して機会を設けないと、あっという間に時が過ぎてしまいます。 アルバイトをしていた神社の近くの2階の喫茶店は、店名が変わってしまいました。 当時、60代中頃だったであろうママは、お元気なのでしょうか? そのほかにアルバイトをしていた喫茶店や、近くにあった日活の映画館やお風呂やさんは、既にありません。 当時、お世話になった人たちの連絡先も判りません。 あんなに毎日顔を合わせていたのに。 名前もうろ覚えになってしまいました。 いつも、近くにあるようでいたのに、気がついた時には掌から零れ落ちてしまっていました。 時間や

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon