「女子の呪い」は解けるか?

March 9, 2019

 

 「#Me too」や「#Ku too」(=靴と苦痛を掛けた、日本で#Me too以降に起きたムーブメント)。

「女子の呪い」が、少しづつ解けて行きそうな昨今です。

 

あ・・・。

私見ですが、学生じゃなくなった年齢の女性を、「女子」とは言いたくないです。

ジェーン・スーさんじゃないけれど、彼女の著書「貴様、いつまで女子でいるつもりだ!問題」が、頭をかすめます。

いい大人なんですもん。

「女子供」のフリをして、責任放棄するのはカッコ悪いと思うから。

 

それから、上司からの「うちの女の子行かせますから!」というセリフ。

言われたくないし、聞きたくないですよね??

中堅社員以上になっても半人前扱いとは、どういうことだ!?ってね。

 

自分を大切にしたい女性たちが気づいた「女子の呪い」。

早く、この世の中の変な「お姫様の呪文」が解けるといいな・・・。

 

 無意識のセクハラ・・・沢山ありますしね。

「セクハラが当たり前の職場」で育ってしまった女性たちが、あまりに多すぎるので。

彼女たちは生き延びるためにある程度「鈍感」にならざるを得ませんでしたが、いつの間にか「いちいちそんな程度でガタガタ言うな」と言う側に回ってしまっています。

根が・・・深い。

 

例えば、職場の飲み会でのお酌や料理の取り分け。

嬉々として、「私、女子力高いでしょ?」「気がきくでしょ?」アピールをする女子は、元々一定数・・・います。

アピールする気があるわけではないけれど、幼少時からそのように育てられてしまった子もいます。

それにプラスで、「あんた達、●●さんのグラス空いているわよ!お酌して!!」と、置屋の女将遣手婆々か?と思えるような「後輩女子を取り仕切るお局様」もいらっしゃるので。

いつの間にか、教育されてしまうのですよね。

お酌や取り分けをしない普通の容姿の女子は、「気が利かない子」に分類されてしまったり。

 

 う〜ん・・・。

水商売なら分かるんですよ?

お酌するとか取り分けるとか、おもてなしすることが仕事だから。

下心を操ってお金を使わせるのはテクニックだし、仕事に必要な能力だから。

 

でもアナタ!!

お客じゃないでしょ?

会社は、Barやキャバクラじゃないでしょ?

そこに気づけ!!早く!!

 

※※一部にある、「女子」をまとって、庇護欲求がある男性をゲットする生存戦略は、需要と供給の問題なので・・・頭から否定する気はありません。

まあ、私の趣味ではないというだけで。

 

 

 さてさて。

 

 Virgin Atlantic航空が、「女性キャビンアテンダントの化粧を義務付けるのを止める」と話題になりました。

これも、一つ解かれた「女子の呪い」。

 

身だしなみ=「化粧」じゃないですよね?

身だしなみって、清潔感を心掛けて身なりを整えることだと思うのですが。

化粧がmake up になっているならいいんだけれど、make down になっている場合も多いです。

make downになっているなら、そんなものに時間とお金を使うなんて、意味ないですし。

化粧が「義務」は・・・やっぱり・・・変。

 

パンプスやスカートはまだ、止めないのかな?

乗客の安全を確保するお仕事でもあるわけだから、不安定極まりないパンプスや、動きにくいタイトスカートを制服に選ぶのはおかしい。

制服が男女で違うのも、おかしくありませんかね?

同じ仕事をしているんだし。

どちらもユニセックスなパンツスーツでいいんじゃありませんか?

今後も、さらに前向きな見直しが進むでしょうか?

 

 

 閑話休題。

 

 ちょっと前の「ヨーロッパの貴族の社交界デビュー」についての番組で、ダンスの前の挨拶のポーズの解説を聞いていて、仰け反りそうにそうになりました。

私の記憶が確かならば、女性がドレスの裾を両手で摘んでかしづく姿は、「私はバッチリ妊娠しますよ!」と言うアピールポーズなんだそうで。

 

「生殖」を前面に出すことに対して、ひどく前向きで赤裸々で。

いくら「産めよ増やせよ地に満ちよ」が教えであるとはいえ。

貴族階級は血縁関係がものをいうとはいえ。

女性の処女性にものすごく厳粛な国々で、顰蹙を買うどころか、「積極的にセックスアピールをするものなんだ・・・」という驚き。

そのポーズを、正統で正式なものとして脈々と引き継いで来てるって・・・凄すぎる。

 

・・・これも女子の呪いの呪文の一部・・・じゃないかと、感じます。

考え過ぎ?でしょうか。

 

 

*****

今年の近所の満開の彼岸桜

体が解(ほど)けていくような、暖かい一日でした。

 

 

 

 

Please reload

特集記事

商標登録完了までの道程。

April 20, 2017

1/8
Please reload

最新記事

August 3, 2020

May 17, 2020

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon