お父飯(おとうはん)?と「逃げ恥」

これもイクメン推奨の流れなんでしょうか? お父飯(おとうはん)とは、旦那さんが作るご飯のことらしいです。 男性に家事と育児に参加してもらう為に、簡単なご飯の作り方とかアイディアを発信するとのことなのですが、「それより会社の勤務時間が問題!そっちを先に解決しろ!」と言った声が聞かれるとか。 奥さんの「ワンオペ子育て」も限界に来ていることから、なんとかしなければ!と考えた内閣府からの働きかけですが、炎上してしまった模様です。 会社員が仕事から早く帰れない(今は男性に限らないですよ?)現実。 参加しようにも、無理がある。(あ・・・プレミアムフライデーに似てますよね。月末の金曜日なんて、一般の会社員が早退できる訳が無い。) 一人暮らしをしていたら、掃除も調理も洗濯も全てやるのが当たり前です。 誰も褒めてくれないし。 なのに結婚後、男性が家事をやった途端に褒めてもらえるって変じゃないですか? 自分のことくらい自分でやれなきゃ。生きる為に必要な知識と技術ですからね。 男女ともに、家事にセンスがある人とない人がいます。 そういう人は、ジェーン・スー氏の「今夜も金で解決だあ!」的な対処をするか? 家事代行サービス?ベビーシッター?・・・しかし、会社員の賃金は頭打ち。 一般的な会社員に、そんなに自由になるお金はありません。 共稼ぎが当たり前の今の30代は、それぞれできることをやらないと生活が成り立たない気がします。どちらもフルタイムで働いていたりするんですから。 身体的にも精神的にも余裕は欲しい。 片方だけが無理をし続けたら、近い将来、崩壊します。 では、家事を「仕事」にして、賃金を貰うと割りき

「なる早で!」・・・??

随分前の話です。 初めて。しかも、仕事の場で聞いてびっくりした言葉。それが「なる早で」でした。 こちらが苦情を訴えて、謝罪に来られた会社さんの営業責任者が放った言葉。 「??」・・・耳を疑いましたね〜。 「了解しました。それでは、なる早でお送りします!」と。 かの責任者が、応接室で。何人も部下を引き連れて謝罪に訪れたその席で。 「なる早」って・・・。 そこは、略しちゃダメだろ〜!!了解じゃないんだろ〜!謝罪に来てるんだよね〜?あなた。大丈夫なの?その言葉遣い・・・と、頭の中でツッコミを入れまくりでした。 相当なインパクトでしたから。「なる早」で謝罪が台無し。 なんか、マンガみたいだな〜と思いましたね。こんなこと、実際にあるんだぁ。 サラリーマン・ネオ(NHKで放送されてました。面白かった)のネタにもなってそうだなぁ。 急成長して大きくなった会社らしく、多分、社員の平均年齢は20代なんでしょうね。 責任者の方も、30代中頃だったと思います。 会社が若いと、普段、使っている言葉も当然若くなる・・・それ自体は全く問題ないと思うのですけれど。 営業が飛び込みで取引先を開拓する際のとっかかりに、「◼️◼️さん、以前ウチの会社にいたんですよ〜!!それで、お宅様に伺った訳なんですが」・・・とか、知人を引き合いに出したりする手口をよく使います。 その会社も、ウチの会社(=以下◯◯)をダシに、似た様なことをしたのです。 情報収集のために一度お話しを伺っただけ。名刺交換しただけでした。 よくある手法なので、当初は放っておこうと思ったのですけれど。 しかし、「弊社との取引は◯◯さんが推奨しています。

気象病と梅雨

昨夜、久々に目眩がしました。頻繁ではなく、1年に1〜2度程度なのですけれど。 立っているのはほぼ無理で、吐き気もするので横になるしかありません。 目を開けると、天井の景色が扇型に動いていきます。ダメだ〜!!気持ち悪い・・・。 やっぱり目を瞑らないとやり過ごせない・・・。 治ってから「目眩」を検索すると、怖い話が沢山出てきてビクビクしました。 そんな中で、2015年7月の日経ヘルスの記事にたどり着きました。これ、私のこと?? 「気象病」や「天気痛」と言う、平衡感覚や自律神経に関連するものだそうですが・・・。 雨が降る前に頭痛がしたり、傷が痛んだり、冬季うつ病的な傾向があったりで、天気に結構振り回されることは自覚していましたが、そんな名前がついていたなんて。 そして目眩も関係があるなんて!・・・・知らなかったなあ。 5つのチェック項目がありました。 以下3つ以上に該当する人は、梅雨の不調に要注意だそうな。 ☑︎車酔いしやすい ☑︎のぼせやすい ☑︎夕方になると集中力がなくなる ☑︎寒暖差に弱い ☑︎ストレスがあると眠れなくなる ただ、2つの項目(色をつけていない項目です)については、そもそもの「なりやすい人の特徴」とは違う気がしました。 夕方に集中力がなくなるのは疲労が蓄積すれば当たり前ですし、ストレスがあれば眠れなくなるのは誰しもあることですもの。 それは、現在の心身の状況(つまり、ストレスが自律神経に影響を与えるくらいの状況に陥っている)ってことだと思うので。 子供の頃から、車酔いがひどかった私。三半規管が過敏なんです。 バスで行く遠足は、常に一番前の席。 酔い止めだっって、ど

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon