Valentine day と赤い薔薇。

January 28, 2019

 

 「美味しいチョコレートの見本市」のような季節。

まさに、このバレンタインディ前の今!!ですね。

 

百貨店、専門店街、食料品店、スーパーで、特設会場が設けられます。

日本のバレンタインディは、お菓子メーカーや百貨店が企んだイベントなのは、皆さんご存知の通り。

 

何せ、2月と8月は「寒過ぎる&暑過ぎる」で、客足が鈍りがち。

年中行事も日本には節分以外は無かったんですもん!!

商売のネタを、新たに作る必要があった訳ですね。

(因みにホワイトディは日本発祥で、欧米ではその習慣はありません。勿論、こちらもお菓子メーカー等が定着させたもの。)

 

本来、バレンタインディは「告白の日」と言うわけでは無く、「カップルの愛の誓いの日」なのだそうです。

欧米では、男女問わずに愛する人にカードを一枚とか、お花を一輪渡すくらいだとか。

チョコレートは、ちょっとしたプレゼントの選択肢の一つに過ぎない。

 

 バレンタインディの特設会場で、見たことの無い&知らないパティシェやメーカーのチョコレートに出会うことがあります。

食べ物としては私の価値観ではとても買えない、「高価な美術品」のようなチョコレートを眺めることも・・・。

日本のバレンタインディにはそんな”お楽しみ”があります。

 

綺麗な包装やデザインに触れることは、ちょっとした美術館巡りのようなもの。

美的な刺激は大いに受けたい!!

美味な体験とともに。

 

 十代の甘酸っぱいバレンタインディの思い出からは、随分と遠ざかりました。

あの頃は、妄想(笑)で、周りの空気がキラキラしてました。

自分の幸せな気持ちが中から膨らんで、それだけでお腹いっぱいな感じだったかな?

(因みに私は、チョコレートは買う専門

 

2月14日を告白に利用したことはないのですけれど、カードと言葉選びの情熱は相当なものでした。

中高生のお小遣いは、たかが知れていますから。

豪華に出来ない分、やっぱりセンスで勝負!ってことになります。

 

 今は、専ら自分のために「食べてみたいチョコレート」を探すのがメインですが・・・。

家族と一緒に美味しそうなチョコレートを探して、会場をウロウロします。

愛の告白のために真剣な人たちが集合しそうな日時を、なるべく避けまして。

 

美味しさと美しさに出会うために、チョコレート売り場にお散歩に行きませんか?

お花屋さんにも出掛けてみましょう!

バレンタインディ仕様の花束が並ぶかな?

購入しなくても、綺麗なものを眺めたりすることでちょっと幸せになれますよ?

 

 パートナーが小さなブーケを届けてくれたら、もっと幸せ・・・かなぁ。

日本の男性の多くは、花を買うことに照れがあるようですが。

お花をサラリと買える男性って、素敵だと思います。

意識しすぎてしまうのかしら?

そんな訳で、この国でバレンタインディに関わらず、パートナーからお花のプレゼントを期待するのは、相当・・・難しいかもしれません。


 

大好きな人には勿論。

それからたまには、自分のために。

・・・真っ赤な薔薇とチョコレートを。

 

心浮き立つ情熱の色と、その昔、”恋の媚薬”とまで言われた蕩けるようなカカオの香り。

その刺激は、寒さで縮こまって悴(かじか)んでいる体や心を解きほぐす太陽の光。

ちょっと不足気味のエネルギーを手に入れましょう。

 

寒さの底の2月を過ぎたら、春の足音は・・・もうすぐ、そこ。

 

バレンタインディは、輝く季節を迎える前のメンタルウォーミングアップ?・・・なイベントに思えてきました。

 

 

Please reload

特集記事

商標登録完了までの道程。

April 20, 2017

1/8
Please reload

最新記事

May 17, 2020

March 18, 2020

Please reload

アーカイブ